2017/06/19

同僚とカレーランチ

先月までうちの部署に出向していた社員の女の子。
元の部署に戻ったのだが、
わざわざ私のところに来て入籍の報告をしてくれたので
嬉しくなってランチに誘った。

以前、彼女におすすめのランチを聞いたら
「美味しいカレーのお店ありますよ!」と言ってくれて
(あら、私も美味しいカレーのお店に誘いたかったのに)
と思っていたら、連れられて行ったのが同じお店だったという
とてもワンダフルなミラクルが起きたのだけど
残念なことに満席で諦めた過去があったのだ。

今回はすんなり入れた、ネパールカレーのお店「マーダル」
カレー2種、パロタという軽いパン、インディカ米ごはん、
サラダ、大ぶりのチキン、ヨーグルトのデザート、チャイつきで
900円というコスパもさることながら
どの料理もとっても美味しい♪
私も同僚女子も、ここが目黒で最強のカレー店と太鼓判を押した。

ささやかながら結婚祝いに
青と赤の柚子ごしょうをプレゼントしたら、喜んでくれた。
見た目のお嬢様っぽさからは想像できないけれど
日本酒が大好きと聞いていたので
呑み助への贈り物なら自信があったのだ(笑) 。
遠距離恋愛だったというお相手は
来月まで新居に来られないので寂しそうだったけれど
年々ハッピーな話題が減りつつあるミドルエイジの私には
彼女の幸せなオーラのおすそ分けをもらって
ちょっとだけ気持ちが上向きになった。

早く一緒に晩酌できるといいね!

2017/06/18

デカダンスホテル

九州旅行では青春18きっぷを使おうと思っているので
東京からちょこちょこ寄り道しながら
2日かけて九州に上陸することにした。
例によってコスパ重視で小倉駅前のホテルを予約した。

小倉に訪れるのはなんと27年ぶり。
趣味のような仕事のような出張で行ったのだが
そのとき泊まったホテルがなんともいかがわしい場所にあり
一緒に行ったメンバーと食べたとんこつラーメンは
お世辞にも清潔とは言い難いお店で
でもなぜかみんな気に入って連日訪れたことを覚えている。
正式な店名は知らず 「ババアの店」なんて呼んでたので
今やもうどこにあるのかもわからない。
そうだ、当時の日記に書いてあるかも?と思って
押入れを探って日記を読み返してみたけれど
ラーメン屋さんの名前もホテルの名前も書かれていなかったのだが
ホテルは相当ブルーな感じだったらしく
「デカダンスホテル」と名付けていた。
そのホテルではすんごくいろんなことが巻き起こって…
いや〜、濃かったなあ。

あれ?もしや??と思ってGoogle Mapのストリートビューで
私が泊まる予定のホテルの周辺を見たら
小倉の駅はすごくきれいになっているのに
今どき駅前にこんな場所があるの?っていうくらい
めちゃくちゃピンクな歓楽街が広がっていた。
うわー、すごい!てか、ここに泊まるの私??
今までいろんな安宿に泊まってきたけれど
安いだけでは済まされない雰囲気が漂ってきた。

長時間移動してきて泊まるのがデカダンスホテルだとしたら
27年前の私がブルーになったのなら
27年後の私もブルーになるのは確実。
悩んだ末に、電車で30分先の町の
1000円高い小ぎれいなホテルに泊まることにした。

ごめんね、デカダンスホテル。
27年経ってちょっとだけゆったり旅行することも知ったので
1000円贅沢させていただくことにします。

楽天スーパーSALEとの戦い

17日から楽天スーパーSALEが始まることを聞きつけ
19時きっかりに目当てのホテルを予約しようと思ったら
なんだかカーソルがぐるぐる回り続け全然繋がらず
やっと予約完了の画面になったと思ったらエラー。
同じ日に予約が重複してるからかも?
と先に予約してあった分のキャンセルを試みると
こちらもエラーになってキャンセルさえもできない。
恐ろしく大量の人が一気にアクセスしているからだろう。
一昔前のチケットぴあを思い出した。

何度試してもダメなので
ふとひらめいて、別なプランならどうかと試したところ
見事ビンゴ!自分がしつこい性格でよかった。
結局予約できたのは2時間後。ふぅ〜。
戦いは終わった…。

前のプランは早割でお値段が安いかわりに
21日前からキャンセル料が全額かかるため
万が一のドタキャンが心配だったけど
通常プランはキャンセル料の心配がないし
宿泊料もだいぶおトクになったので、めでたしめでたし。

これで旅行の全日程のホテル予約が完了。
もうこれ以上ないくらいのコスパにこだわったチョイスに
我ながら感心する。
こういう満足感も旅の楽しみの一つだったりするのだ。


2017/06/17

今年も呼ばれた

仕事で関わった本に掲載された芸術家の絵画が
「永青文庫」という美術館に収蔵されていることが分かった。
場所を調べたら、わー、これって私が昔住んでた場所の近く!
ちょうど6月17日から新しい展示が始まるので観に行くことにした。

さらにこの近くには、去年・一昨年に訪れた
太宰治と一緒に亡くなった山崎富栄さんのお墓がある。
6月17日の2日後の19日は桜桃忌ではないか。
これはもう完全に呼ばれたとしか思えなかったので
今年も小さなブーケを手向けに訪れた。

熊本のお殿様、細川家の宝物を収蔵した永青文庫や
その横にある、松尾芭蕉が住んでいた芭蕉庵は
私が住んでいた当時はまだ一般公開されていなかったと思う。
丹下健三による斬新なデザインのカテドラル大聖堂、
日曜のお昼には綺麗な鐘の音が聞こえたけれど
今はもう鳴らしていないらしい。

せっかくなので当時住んでいたアパートにも行ってみた。
何年か前に来た時にはまだあった銭湯は更地になり
駐車場に変わっていた。
この坂道、この古い壁、一つ一つに思い出があり
自分が社会人になりたての頃を思い出させてくれる。

ありゃまあ

文京区をお散歩ついでに
大好きな和菓子屋さんに寄ってみたら
定休日でもないし、扉が半あきで
中から小豆を炊くいい匂いもしてるのに
シャッターが閉まってた…。
やはりまだ甘味を食べることは許されていないようだ。

もらって嬉しいもの、そうじゃないもの。

午後、職場でボスからの差し入れの羊羹が配られた。
某有名店のものですんごく美味しそうだったけれど、さあ困った。
職場で甘いものは食べないことにしているので
もらったお菓子は家に持ち帰っているのだが
生のお菓子はそれができない。
仕方ないので紙コップに入れて持ち帰った。

「実は健康上の理由で食べられないんです…」
と断ることもできたが
いつも断り続けるとかえって感じが悪い。
嬉しいんだけど、とても困る瞬間なのだ。

人から物をもらうことがあっても
「これ要らない…」 とはなかなか言いにくい。
料理好きを見込まれるも普段全く使わない調味料とか
消費するのが大変なものを大量にもらったりとか
まあ、それならまだ良いんだけど
本人の思い入れの強い場所の特別なお土産などは
捨てるに捨てにくいし(捨てるけど)
ラッピングもせず一度袋を開けた形跡が見受けられる
「これ、あなたも要らないから私にくれたんでしょ?」
っていうのは、もう本当に困る。
それが私のセンスを無視したものならなおさら。

ってことは、私もそれをやってるかもしれないことに気づいた。
今まで良かれと思ってあげていたあんなもの、こんなもの、
実は「これ要らない…」って思われていたかもしれない。
さらに告白すれば、人からもらった要らないものを
さらに別の人にあげていたこともある。
(でもちゃんときれいにラッピングしたよ!)

誰かが要らないものは私も要らなくて
私があげた相手も要らなくて
そうやって要らない人が別の人に次々回して
最終的に自分のところに戻ってくるかもしれない。
この不毛な循環はどこかで断ち切る必要がある。

解決方法を考えたところ
「こんなのあるけど欲しい?」と聞けば良いのではないか。
そしたら“要らないものの流用”だとしても後くされないし
平和なリサイクルになって双方がハッピーになれる。
押し付けにならなければ相手も不快に思わない。

要らないものを「要らない」という勇気。
余計なストレスを溜めたくないので
この勇気を出してみようと思う。

2017/06/14

2ヶ月前にフライング

夏の九州旅行で何を食べようか日々検索してたら
とんこつラーメンがめっちゃ食べたくなったので
お昼は久しぶりに職場近くのお気に入りのお店へ。

熊本ラーメン、やっぱりうまーーーい!
硬めの中細ストレート麺、きくらげ、マー油、そしてスープ、
全てが完璧で、私が想ふ熊本ラーメンそのもの。
ここはちゃんぽんも美味しいし
ミルクとバターを加えた“クリームちゃんぽん”という
超絶大好き(だけど高カロリー)なメニューもある。
こんなに身近に美味しいお店があるなら
じゃあもう九州行かなくてもいいじゃん!って気もするけど
いやいや、やっぱり現地でフィールドワークしないとね。

隣の席の派遣女子が福岡出身だというので
どこか美味しいお店を知らないかたずねてみたら
「福岡はラーメンよりもうどんなんですよね」
ってバッサリ。ああ、それは知ってますけど
じゃあせめてうどんの美味しいお店でも教えてはくれまいか。
彼女、悪い人ではないのだが
生真面目で冗談が通じなく、何を話しかけてもそんな風なので
なんだかもうあまり話しかけたくなくなった。

その前のお隣さんはかなり個性が強い女性で
超有名大学・超有名出版社出身の
都心のタワーマンションに住むセレブ。
何を話しかけても最終的に自慢話になるので
本当に辟易していたのだが
冗談は通じたし世間話もできたので
今となると恋しい存在だ。

やっぱり人生に余談は必要だわ〜。

2017/06/11

ミーハーなので

小池百合子さんが街頭演説の応援に来るというので見に行ってみた。
声はよく通るし聞きやすいし、さすがに場慣れた感があったな〜。
若葉色のジャケットはイッセイプリーツ、おしゃれです。

いろんな人のマニフェストが
ちゃんと聞ける場所があればいいのになあ。

2017/06/01

虫の館

急に湿度が高くなった昨日。
「こんな日に“G”に遭遇したりしてね!」
なんて冗談めいて部屋の戸を開けたらば
そこにはまさかの“G”が!!ひい〜〜〜!!!
殺虫剤をまいて退治し、床を拭いて掃除。

そして今日。
「まさか2連ちゃんなんてことはないよね?」
と部屋に入ると、ふう〜、今日は大丈夫。
がしかし、床に何やら細長いものを発見。
よくみると、なめくじ!なぜここに!?
こんなのろのろした速度なのに、どこからやってきた??
部屋を見ると、床にキラキラした筋があった。
しかもかなり広範囲。
どうやらあいつが1日中私の部屋を歩き回っていたらしい。
なんで?なんでよーー??
昨日に続いて床を拭いて掃除。

私はなぜか虫や爬虫類と遭遇することが多い。
ベランダにちょっと洗濯物を取りに行って戻ったら
部屋にカマキリがすっくと立っていたり
お風呂場にヤモリの赤ちゃんがいたこともあるし
窓を眺めていたらニョロニョロとヘビが近づき
こちらをめがけて壁を登ってきそうになったり
レアなやつらに出くわすことがちょくちょくある。
ごめん。そんなに愛されても、私はその愛に応えられない。

とりあえず「こまめに床を拭け」というメッセージだと捉えておく。

2017/05/31

鍋にさようなら

ティファールのお鍋を買い直したことをきっかけに
古いお鍋も全て金属ゴミに出すことに決めた。
私が子供だった頃から使い続けてきた無水鍋も
すでにフタが変形して合わなくなっているし
大量の煮込み料理など作ることもなくなったので
ついに捨てる決心をした。

この鍋でどれくらいの料理を作っただろう。
おそらくカレーは毎週作っていただろうし
お正月の煮しめにも欠かせなかった。
クリスマスに母が作ってくれたチキンも美味しかったな。
子供の頃の私たちの食欲を満たし
大人になってからは私が家族の食欲を満たしていた。
もう二度と戻らない日々。

長年ご苦労様でした。

2017/05/29

一人針

朝の身支度で忙しいさなか、母が部屋にやってきて
仕事帰りに補聴器の電池を買ってきてくれないか
と頼みごとをしてきた。
地元の電気店を回ったが見つからず
最後に行ったお店でやっと買った電池は
型番が違って使えないのだという。
なんで番号を控えないで買いに行くの〜!?
てか私今超忙しいのに。ひよっこも見たいのに。
補聴器から電池を取り出し、型番を控えてカバンにしまい
そそくさと家を出た。

帰りに量販店の補聴器売り場で電池を探したら
やはり控えた型番と電池のサイズが違っており
親切な店員さんにサイズまで比べてもらって
無事に購入することができた。
帰宅していざ補聴器に電池を入れようとしたら
肝心の補聴器が見つからない!
どこをどう探しても見つからない。

若い頃からとんちんかんで天然ボケだった母だが
このところ天然ではないと思われるボケを連発している。
カバンを丸ごとどこかに置き忘れたと言い
財布に入れたクレジットカード、通帳、パスモ、携帯電話、
全部止めて手続きしたあと
ソファのクッションの下から見つかるという事件があった。
つい先週末も私の定期券を持ち出して出かけようとしたら
家から駅までの間に定期券だけをスッポリ落っことしたらしく
私からものすごいカミナリを落とされたばかりだった。
再発行手続きをした直後に落し物が届いたと駅から連絡があり
結果的にはハッピーエンドだったのだが
とにかく疲れた。本当に疲れた。

「だって、電池が違うから静内まで買いに行こうと思ったの」。

今年の1月まで現役で働いていた母。
引き際を悟って退職したあとは
今まで貯めに貯めた荷物の整理を始めた。
もしやゴミと一緒に補聴器も捨てたのでは?とあちこち見ると
父が若い頃に書いた小説の手作りの小冊子が無造作に捨ててあった。
2冊あるので1冊捨てたらしいが
いや、そういう本じゃないじゃんこれ!
すかさず拾ってペラペラめくって見ては
幸せだった子供の頃を思い出していた。
そしてふと、あることを思いついた。

それは、困った時の仏頼み!
仏壇に線香をあげて、失くし物が見つかるようにお祈りした。
実は子供の頃からよく使ってきた手法で
これで何度も無くし物を見つけてもらったのだ。
子供の頃はおばあちゃんだったけど、今は父。
おそらく仏壇に手を合わせることで心が落ち着き
状況を冷静に振り返ることができて
無くした場所のヒントをもらえるのだと思う。

そういえば私が出かける直前、母の兄(私の叔父)の“千人針”を手に
「これ、ネットで誰か買う人いないかな?」
って話しかけてきたよね?
そんなのどこから出してきたの?
「ああ、押入れから夏物を出した時に見つけたの。」
押入れを一通り見たあと、床にキラリと光るものを見つけた。
それは1本の縫い針。なぜこんなところに針が?
「針が落ちていたよ」と母に手渡し
整理したばかりの裁縫道具入れに片付けようとしたら
「ちょっと!見て!」
そこにはどんなに探してもなかった補聴器が!!

途端に涙がボロボロ出てきた。
無くし物が見つかったことよりも
父の本を拾ったことから始まった様々な偶然に
“絶対に父が見つけてくれたのだ”という確信を持ち
畏敬の念に涙が出たのだと思う。
こんなことってあるんだなあ。
母を強くなじったことも心の片隅で反省していたのだが
「ねえ、早く先にお風呂に入ってよ!」
って、誰のせいで時間が遅くなったと思ってるんだ??

父が亡くなる直前に言われた
「ママをよろしく」っていう意味が
最近やっとわかってきたよ…。


※静内とは私たちが住んでいた北海道の日高地方で最も大きい町で、我が家では静内=池袋のことを指す。さらに大きな新宿あたりは、苫小牧。ちなみに地元の西友は“農協”と呼んでいる。

2017/05/28

旅行プランを立ててゆく

さて、夏休みの10連休にどこに行こうか。
旅行プランを立てる時に一番重きを置いているのは
「今、その場所に呼ばれているか」ということ。
やっぱり興味がマックスにある時の方が
旅行して楽しいし、心に残る。
前は「何が食べたいか」を決めてから
場所を選んだりしていたけれど
いつの間にか変わってきた(ただし食も重要)。

次はテーマを決めること。
柱がひとつあると、割とすんなり旅程が決まる。
プラス自分の興味のメインである
お城、神社仏閣、 遺跡、温泉、お蕎麦なんてのがあると
もう絶対ここ!という気持ちになる。

1都市に長く滞在するのが好きな人もいるけれど
私は1日1箇所で次に移動したい派。
“いろんなものをちょこちょこと”体験したいのだ。
もし見足りなければまた次に来ればいいし
行くたびに魅力を知って何度も訪れるようになった場所もある。

そして肝心なのは、宿泊施設のお値段。
ホテルの検索サイトで5000円以下のところを探し
クーポンやポイントを駆使して
できるだけ安く泊まれるところを探す。
そういうところは早く埋まってしまうから
こちらも早い時期からしつこく探す。

格安で移動できる「青春18きっぷ」と「LCCエア」を知ってから
私の旅行は驚くほど変わった。
おかげでたくさんの場所に行くことができ、
遠い場所にも気軽に行けるようになった。

私が頻繁に旅行しているので
「旅行しすぎじゃない?」「旅費はどこから?」
と気を揉んでいる人もいるようだけれど
移動費も宿泊費も安く済ませているし
夕食はスーパーで割引になったお惣菜を買って
部屋で食べたりして節約しているので
どうぞご心配なく。

あとは楽しく旅ができるよう健康に気をつけていこう。

2017/05/25

査定と、更新と、希望。

GWに整理してブックオフに送ったCDの査定が出た。
100枚くらい出して値段がついたのは6割。
あんなにきれいにしたのになあ。まあ、仕方ないね。
意外と高い値がついたのは、ポール・マッカートニー先生と
パット・メセニー、そしてニルヴァーナのレア盤。
こないだティファールの鍋セットを買ったので
ローンの足しにさせていただきます。

午後、派遣会社の担当者さんが
9月末までの契約書を持ってきてくれた。ありがたい。
その時、8月14〜18日まで
会社の夏休みであることを告げられた。
5日も勤務日が減ると経済的には大打撃なのだが
ちょっと待って?ってことはさ、
8月11日(金・祝日)から20日(日)まで
10連休になるじゃん! ひゃっほう〜〜〜!!!

実はここ最近、退屈で発狂しかけていた。
今まで情熱を注いてきた飲食は健康のため炸裂できず
難聴の治療のためできるだけ安静にせざるを得なく
友達と飲みにもいかず、毎日誰とも話さず
何にも楽しいことなく、ただ生きているだけの人生。
この先どこまでこんな日々が続くのかと思うと
先が真っ暗で絶望していたのだけれど
それを打破することがあったじゃないか!

それは旅行!旅行!!旅行〜〜〜!!!
やっぱり私、旅するために生きているのだ。
旅は私の人生。
Journey is my life.
ポルトガル語で Viagem é minha vida.
せっかくだからスペイン語でも Viaje es mi vida.

8月は18きっぷシーズンだから1日2370円でどこまでも行ける。
どこ行こうか? そうだ、日本でたった2県の未踏の地、
長崎と佐賀の土をついに踏んじゃう??
九州を回っちゃう??
福岡の友達に中州を案内してもらっちゃう??
そう思ったら途端にワクワクしてきて
みるみると希望が溢れてきた。

ああ、楽しくなってきた!

↑こちらが私の経県値

2017/05/21

リメイク

母の部屋の掃除ついでに、前から気になっていた
やたら丈の長いカーテンを直すことにした。
窓の高さに合わせてカーテンを切り
100均で買った裾上げテープをアイロンで仕上げて完成。
カーテン4枚、レースカーテン2枚を2日がかりでリメイクした。

なぜこんな丈の長いカーテンを使っていたのか。
それは昔住んでいた家の大きな窓にかけていたから。
広いベランダに4枚、結構いい値段の遮光カーテン。
部屋のインテリアは茶系なのにカーテンは水色という
この統一感のないセンスが理解できなかったけれど
先日、当時住んでいたマンションに訪れた時
リビングから見えたベランダのことを思い出し
そこにきれいなカーテンをかけたかったのかもしれない。
そんなことを思うと
一方的に“センスを否定”するのもどうかと思われ
せめて思い出のカーテンの開け閉めが楽になるように
リメイクを思い立ったのだ。
 
さぞかし喜んでくれるかと思いきや
さほどの反応がなかったのがションボリだが
他者に対する反応が薄いのは今に始まったことじゃないので
まあ、こんなもんだ(笑) 。

2017/05/19

今日はお休みでした

職場の仕事が落ち着いたあとは
出来上がったものを売るマーケティングの作業へ。
今日は大事なプレゼンがあり社員の皆様はお忙しいため
手持ち無沙汰になる私はお休みさせていただいた。

午前中はいつもの時間に起きて朝食をいただいた。
おいしい出汁で作ったなめこ汁、 塩鮭、きゅうりの浅漬け、
そして炊きたての麦入りごはんと納豆。
素朴だけど平日はなかなか用意できない
「フル・ジャパニーズ・ブレックファスト」だ。

午前中、頼んでいた新しいお鍋のセットが到着。
これでもうフライパンの焦げ付きとはおさらば。
嬉しくなってお昼はチャーハンを作ってみた。
やっぱり調理器具が新しいとテンションが上がる♪

せっかくの平日休みだったのに、なんだか家を満喫したくて
どこにも出かけなかった代わりに家族の部屋を掃除した。
おそらく引っ越してから5年、
一度も掃除機をかけていないであろう部屋は
予想通りホコリだらけ。
いやー、体力使った。

汗かきまくりだったので早めにお風呂に入ったら
もう眠いのなんの。
心地よい疲れとともに早く寝てしまいそう…。

2017/05/16

ポルトガル語も続いてます。

スペイン語を勉強している間に忘れないように
ポルトガル語のラジオ講座も聞くようになった。
私が頑張ってポル語を習っていた頃には
このような講座番組はなかったのだが
他の講座と違って週1回しかないから需要がないんだね。

知らないことが続々のスペイン語と違って
ほぼ知ってることばかりなので
ホントにおさらい。でも分かるから楽しい。

イパネマ海岸でビールをオーダーするというスキット。
ビールはポル語でcerveja(セルヴェージャ)なんだけど
ここでちょっと違和感が。
だって私、ブラジルでは
chopp(ショッピ)=生ビールしか頼んだことないからさ。

リアルな会話をするならば
セルヴェージャのほかにショッピの単語も必要なのでは?
さらにカイピリーニャが
“ブラジルのカクテル”としか書かれていないけど
めっちゃ強いお酒なので昼間のビーチで飲んじゃダメ!とか
注意書きが必要なのでは?? と
飲み助のおせっかいが炸裂してしまうのだった。

2017/05/14

母の日

夕方、母を連れて近所に食事に行きがてら
7年前まで住んでいた家と
5年前まで住んでいた家に寄ってみた。
同じ町に住んで、今で3軒目。
引っ越してきた時にはたくさんあった畑は
次々戸建ての住宅になっていた。
「ずいぶん遠いわね」
ここを見つけたのはあなたですよ。
あの頃はそんなこと思わなかったんだよ。
ここは父が亡くなった家。
そのあと引っ越した家では弟が亡くなった。
懐かしいけれど、悲しい場所。
二人とも、思い出話は特に話さなかった。

夕食は回転寿司へ。
甥っ子たちが遊びに来るたび行っていた場所。
子供たちがいると結構な金額になったけど
年寄り2人だけだと笑っちゃうくらい安い。

お互い、トシとりましたな〜。

2017/05/13

今週の怒られたさん

朝、耳鼻科へ。
月曜日から突然鼻水とくしゃみが止まらなくなったこと、
黄砂が原因なのかと思ったことなどを話すと

「それでもマスクしてないって?信じられない。
 そもそも何のための治療なのか。
 難聴を治すために鼻の治療も頑張っているのだから
 引き続き、できるだけ安静に」

・・・はい。おっしゃるとおりです。ぐうの音も出ません。
この先生、ちょっとコワいのだけど
最近、会社でも家でも全く怒られなくなった私には
ピリッと身が引き締まるというか…私ってMなのかな(笑) 。

テレビでは、アレルギー性鼻炎と似た症状の
「寒暖差アレルギー」なんてのもやっていたので
それかもしれないと思いつつ
“何のための治療なのか”という根本を大切にして
来週の診察にのぞむ所存であります。

2017/05/10

スペイン語、続いてます。

4月から大学のオープンカレッジで勉強し始めたスペイン語。
当初は慣れ親しんだポルトガル語とのギャップが大きすぎて
簡単に行けるだろうという甘い考えが打ちのめされてしまい
さらに日々脳細胞が死んでいくこの年齢で
どうやって覚えたらいいのか途方に暮れていたが
とっても良い方法を発見した。

それはNHKのラジオ語学講座。
インターネットが普及したこの時代、
ラジオじゃなくてもPCやスマホで聞くことができるし
聞き逃してもストリーミング放送があるから
時間を気にせず聞けるのでとても助かる。

すでに4月の放送は終わりを迎えていたので
途中から聞き出したのだけど
講師の声になんだか聞き覚えがある…
なんとなんと、毎週オープンカレッジで教わっている先生が
ラジオ講座の講師だったのだ!!
先生〜〜!なぜ教えてくれなかったの!?
もっと宣伝しようよ!!

毎日繰り返し聞くことで
面倒な動詞の活用も覚えられそうだし
発音も確認できるし
何しろ分からないことがあれば直接教えてもらえるのだから
こんな贅沢なことってない。

そう思うと、ちょっと楽しくなってきた。
楽しくなったついでに
ポルトガル語の講座もラジオで聞けるので
覚えたことを忘れないように
こっちも続けることにした。
とりあえず、頑張ってみる。

2017/05/07

断捨離ウイーク

9連休中、5日は外出し、残りの4日は掃除に精を出した。
それというのも、耳鼻科で検査した鼻炎の原因が
花粉以外にダニとハウスダストだったこと。
そういえば枕元のCDラックがホコリだらけ。
掃除のついでに、前から処分しようと思っていた
CDの整理にも着手したのだが、これが超オオゴトに…。

ほとんど聴かなくなったので汚れがひどく
ケースを外して洗剤で汚れを落とし、盤面の汚れも拭き
割れたケースは手元に残すCDのケースと交換し
総計約100枚、はあ〜大変だった。
ちょっとでもきれいな方が売却の査定が良くなるのでね。
このせいで鼻炎が悪化したかも…(本末転倒)。

でも、まだ整理したいCDが多数あり。
来週末も頑張ろうかな…。
日頃から綺麗な環境で保管することをお勧めします。

そもそもCDを手元に残していたのは
他で聴ける手段がなかったから。
ところが今はApple Musicで月980円で聴き放題のため
大事にとってあったCDもじゃんじゃん聴けることになり
有難いやら悔しいやら。

それにしても、残しておきたい物欲が減ったもんだなあ。

2017/05/06

ルーツを巡る旅

先週、我が家が北海道から東京に引っ越して住んだ家を
母と一緒に訪れて思い出を振り返ったが
今日は私が上京した時に住んでいた思い出の地を巡る旅に出た。

当時私は千葉県市川市にある寮に住んでいた。
貧乏学生の私たちが唯一楽しみにしていたのが、週末のランチ。
特にお気に入りだったのが「キッチンS(仮名)」。
誰かが鼻を利かせて見つけた洋食店で
ここでいろんなオイシイモノを食べた記憶がある。
当時の日記を掘り返してみたら、こんな記述があった。
「MちゃんとキッチンSへ行ってチキンドリアンを食べた。
 予想通りの店で、2人してうれしがっちゃった。
 サービスでなめこ汁とコーヒー出してもらって、ぜったい又行くぞっ。」
 どうやら私とMちゃんが
「ここ、良さげかもしれない」「勇気を出して行ってみよう」
と開拓したお店のようだ。その後の日記にも
カルボナーラ、鶏肉のアスパラ揚げ、カレーを食べた記述があり
「あそこでまずいものは未だに食べたことがない」
と書いてあった。

キッチンSは当時の場所から移転しているらしいことを確認。
現在は営業しておらず、リサイクルショップになっていたが
私の中では「ここがキッチンSで確定」だったので
それ以上の追求はしないことにした。

続いて訪れたのがラーメン屋さん。
寮の近くにあったお店はすでになくなっていたので
同じ名前のチェーン店、といっても残るは一店のみ。
バスを使ってわざわざ訪れるも、定休日じゃないのに閉まってた。
そんな予感はかなりあった(笑) 。
仕方ないのですぐ近くにあったお蕎麦やさんで
今シーズン最初の冷やしたぬき。 

お腹がすていたのでさらにおいしゅうございました。
そばちょこで食べるようになってたのがちょっと珍しい。

しっかし何やってんでしょうかねワタシ…。

2017/05/04

勾玉と孤独

午前中、断捨離。大量のCDを売り払おうと思ったけれど
ホコリがすごくてまず掃除が大変。
売るとなると惜しくなりPCに取り込んだりして
全然作業が進まないので途中で切り上げて外出。

実は昨日、ストラップにつけていた水晶の勾玉が割れてしまったのだ。
落としたりぶつけたりした覚えはないのに
何かの身代わりになってくれたのだろうか。
いつも作ってもらっている国分寺のお店で新しくしてもらったのち
府中の大國魂神社へ。
割れた勾玉を水神社の小川に流し、厄払い終了。 

ちょうど「くらやみ祭り」が行われていて
大太鼓の共演が心臓に響いた。
それぞれの町の名前がついた烏帽子をかぶった人たちが
あちこちにいて楽しそうだけど
混むと嫌なのでメインの山車を見ずに帰宅した。

よその町のお祭りにくると“よそ者感”を強く感じてしまい
楽しさよりも孤独を感じるのは私だけだろうか。

2017/05/02

休日のような平日

1日はメーデーで会社がお休み(そんな会社初めて!)
2日は本来は出勤日だけど、仕事も落ち着いたため
有休をもらってなんと9連休となった。
長期旅行に出かけたいところだけど
この時期は高いし、お金もないので
今日は都内で平日行きたかった場所へ。

恵比寿、新橋、有楽町を回り、地元に戻って夕方耳鼻科へ。
突発性難聴は回復しているものの左右のバランスが悪いので
引き続き安静に過ごすようにと言われた。
それよりもショックだったのは
一緒に治すことになったアレルギー性鼻炎のアレルゲンが
スギとダニとハウスダストが予想以上に高く
続いてヒノキと、かもがや。…ん?かもがやって何??
イネ科の雑草で、夏まで咲くらしいので
この先ずっと鼻炎を引きずることになりそう。
自分では全然自覚症状ないのにな〜。しょぼん…。

そして昨日の予言通り
今日は「ぎょうざの満州」で焼いてもらった餃子をお持ち帰り。
おつまみをあれこれ作ってる間にちょっとしっとりしてしまったかも。
どこかに「本当にパリパリの餃子」はないのか。
それが敵であってもかまわない。
及びがたくてもよい。
ただ「在る」ということが分りさへすれば。
(そんなに餃子好きではないのに…)

2017/05/01

明るいうちから餃子とビール

西武の催事で買った551の餃子でビール。
関西では普通に買える551、東京に店舗はないので
催事があるといつも行列。
今回は列が30人くらいだったので早めに買えた。

実は3日連続餃子なのだ。
おととい=自分で作って大失敗 一度も成功した試しがない
きのう=スーパーのお惣菜を買ったけどイマイチ
そして今日、パリッとしたのを期待して食べたのだが
意外とフニャッとしてたな〜。
やっぱり焼きたてをその場で食べるしかないかもしれない。
(4日連続の予感)

健康と不健康の狭間で

健康診断の再検診のため水道橋へ。検診終了後、前回時間が早すぎて開いてなかったスリランカカレーのお店に行ってみたら、定休日…。

問診でも保健指導でも毎回分かりきったことを言われる。
今回は血圧や肝臓より血糖値が問題だと言われ、糖質対策をせねば…

と舌の根も乾かぬうちに、水道橋麺通団で肉うどん。だって朝から何も食べてないんだもん!
1年ぶりの讃岐うどん、美味しかったけどちょっと罪悪感。

帰りは池袋東武の大北海道展で、生まれ故郷日高のまつもと牧場さんのママさんに再会し、しばし立ち話。
昆布を餌に入れた牛肉「こぶ黒」の品質が高いことが認められて
北海道ブランドとしての「北のハイグレード食品」に選ばれ
東武のサイトでもピックアップされていたり、同郷として嬉しい限り。

そして今、西武の催事の551蓬莱の豚まんを買う列に並び中。
このあと帰りの電車で匂いを振りまく551テロを巻き起こします。

2017/04/29

クレイジー一家

今から30年前の春、何を思ったかウチの父は
あとちょっとで定年を迎える公務員の仕事を辞め
北海道から東京に引っ越して来た。
子供達がみんな東京に行ってしまったのに
親だけ北海道に残る必要はないと思ったらしい。
父は東京出身だったので
生まれ故郷に帰りたいという気持ちがあったようだ。

ビックリなのが、父も母も
仕事の見込みがまったくない状態で東京に来たこと。
「なんとかなる」って思ったらしいけど
(この血を私が見事に引き継いでいる)
バブル時代だったのが本当に救いだった。
そしてなんとかなって、30年経った。

そんなクレイジー一家が今まで暮らした家を
母を連れて見て回ることにした。
おそらくこの先、こんな機会はないと思ったから。
道々、思い出話を掘り起こしながら
最初に暮らした新大塚のマンションへ。
3DKの狭い家で8年暮らした。
家賃が値上がりして引っ越すことにした。

その次は池袋から3駅の板橋区のマンション。
新築で3LDKでちょっと広くなった。
引っ越した年は神戸の震災とオウムの事件に
私のブラジル旅行も重なって、すんごく慌ただしかった。
北海道から弟の親友が上京してホームステイしたり
妹が出産のため甥っ子を預かったり
私の職場の友人たちを招いてホームパーティーしたり
人の出入りが多かったことが思い出される。
ここも8年暮らしたが
裏にマンションが建って日当たりが悪くなり
引っ越すことにした。

駅から15分、当時は遠いとは思わなかったけれど
高齢の母にはこたえたようだ。
そのあとに住んだ家には後日訪れることにした。

上京したときの母の年齢が、ちょうど今の私と同じくらい。
このトシではもう守りに入る年齢だと思うのに
知らない場所に行くことにワクワクできたなんてうらやましい。
私からすればこの先30年、あの濃ゆい日々を過ごすかと思うと
ゾッとするけど(笑)
我が家のフロンティア精神は受け継いでいこうと思う。

2017/04/28

同僚と初めてのランチ

半年間やっていたプロジェクトがついに終了。 長かった〜。
旗振り役だった若い同僚は他の部署からの助っ人で
今月で役目を終えるため、ランチに誘ってみたら
「おすすめのお店ありますよ!」と逆に言われ
え〜、あそこのお店に行きたかったのに!と思っていたら
彼女のおすすめもまさにそのお店で、妙な親近感を得るも
この日に限って満席という非情な結末。
仕方ないので近くの沖縄料理屋さんへ。

彼女と同い年の同僚も誘い、4人でのランチ。
タコライス、ご飯がちょうど良い量で美味しかった。

みんなとても真面目で、若いのに頑張ってる。
「ぷるさんのおかげでとても助かってます!」なんて言われた日には
私も頑張らざるを得ないではないか。
ありがとね。これからもよろしく。

2017/04/22

突発性難聴になってしまいました

ちょっと前から耳が聞こえづらいと思っていたのだけど
いつものように耳の掃除のしすぎの外耳炎からくるものだと思い
そのままにしていたら
先週、左耳が腫れてしまった。
職場が超多忙のため病院に行くこともはばかられ
「耳のいじりすぎでバイ菌が入った」と勝手に思い
今日やっと地元の耳鼻科に行ったらば
診断結果はなんと「突発性難聴」。

聴力検査でも左耳が特に悪く
バランス感覚を測る検査でも普通よりグラついていた。
さらにアレルギーや高血圧など様々な要因が加わり
突発性難聴になってしまったみたい。

「毎日遅くまで残業していますか?」と先生に聞かれ
この2〜3ヶ月の怒涛の残業と休日出勤も
原因の一つになったかもしれないと判明。
残業せず、寄り道せず、運動もせず
できるだけ安静にしてくださいとのこと。
イヤフォンで音楽聴くのもダメだって〜。
まいったなあ。

でも、今までいろんな耳鼻科に行ったけれど
こんなに詳しく検査していただいたのは初めてだったので
あちこちの耳鼻科に行かずに
最初からここにくればよかった。

さらにショックなのは、帰宅して届いていた郵便物に
3月末に受けた健康診断の再検査のお知らせがあったこと。
うっすらそんな気はしてたけど、まぢかー。
これを機に、本当に本当に自分の健康と向き合わなければ。

唯一の救いは、もう一つの郵便物に
市から給付金が支払われる旨が書かれていたこと。
こんな私を不憫に思ってくれたのだろうか。助かるわ〜。
パンドラの匣の底に残っていた「希望」って、これだね。
ありがたく頂戴いたします。

2017/04/18

信濃屋に急げ!

信濃屋さんで、店頭に並んで数日以内に品切れになった、あのマボロシの缶つまが再入荷してた!
在庫があって急きょ販売することになり、各店で取り合いになったとのこと。定価600円ぐらいのものが1個199円。どれもちゃんとした“料理”でとっても美味しく、ワインに合うのだ。

7種類あったので全部買おうとしたら、3個で500円だけどいいですか?って。そう言われたらあと2個買うしかないじゃないの!もう、商売上手!
てか、家飲みやめようって言ってなかったっけ…。

お店がお近くにあるかたはお早めに!損はいたしません♪

参考記事はこちら→深夜のひとり缶つまバル(さらたび。)

2017/04/15

久々の土曜の昼下がり

2月末から土曜日はずっと仕事か旅行に出ていたので
家で過ごす土曜日は久しぶり。
天気もいいし、風も爽やかだし、こりゃあやっぱりあれしかない!

ってことでちょっといいビールを買って昼酒。
グランキリンのIPA、めっちゃうまい〜♪
おつまみはじゃがりこにイベリコ豚のパテをつけて
大人のつけチョコヤンヤン。
多分すごいカロリーだけど
「休日のカロリーはノーカウント」 という謎のマイルールのもと
オッケイということにする(笑)。

2017/04/14

恵比寿で朝蕎麦

なんだか朝から妙におなかがすいて
でも家にある冷凍ご飯には手が伸びず
たまたま早く支度できた今朝、
そうだ、早めに出て駅そば食べよう!と思いついた。

恵比寿駅構内にあるそばいちさん、パスモが使えるから楽ちんだ。
明るく元気で可愛い女の子の店員さんもいいな。
そしてかけそば、意外にうまい。やっぱかけそばだな。
私にとって駅そばは旅先で食べるものなので
ちょっぴり旅行気分が味わえて楽しかった。

2017/04/12

今日から学生です

水曜日のノー残業デーをフルに活かし
大学のオープンカレッジで3ヶ月間勉強することにした。
学科はなぜか(?)スペイン語。
以前、ポルトガル語を習っていた時に
似たような言葉だから覚えられるかも?と
ちょっとだけかじったことがあり
発音をちょっと変えただけのニセモノのスペイン語
「ポルトニョール」でスペイン旅行を乗り切った経験もある。
でも、せっかくだったらちゃんと基礎から学びたいと思い
文法メインのコースを受けることにした。
講師は日本人で説明ももちろん日本語なので
すごくわかりやすいし
ブラジル人の先生のポル語講座みたいに脱線することもなく
ちゃんと勉強したい身にはとても助かる。

がしかし。
ポル語とスペイン語、全然ちがーーーう!
まず発音が違う。
vはヴァ行じゃなくてバ行で良いなんてマジすか?
cavaのこと、ずっとカヴァって書いてきたのにカバでいいなんて。
そして単語が全然ちがーーーう!
Navidad(ナビダ)って
ポル語でnavio(ナヴィオ=船)という単語があるから
船に関係する言葉かと思いきや、クリスマスだった。
ちなみにポル語でクリスマスはNatal(ナタウ)。
想像もつかん。
まずは単語の勉強をしないとダメかも。

ちょっと楽しみなのは学食。
超安くてメニューも色々あるから(なんとSUBWAYまである!)
水曜日は早めの夕食をとりつつ、予習復習タイムかな。

2017/04/09

お花まつり

4月8日はお釈迦様の誕生日。友人を誘って鎌倉のお花まつりに行ってきた。
数々の名刹が立ち並び、さすが鎌倉時代を名乗るだけのことはある。
円覚寺と建長寺、それぞれに特徴のある儀式に参加させていただき、なかなか貴重な体験だった。今日1日だけでも大量のお坊様を目にしたな〜。
どちらも一番偉い和尚様からのお言葉があり、観光寺ではなく宗教施設としてきちんと役割を果たしているのがいいなと思った。
お花がきれいな明月院のバースデー・ブッダ(通称BB:みうらじゅんさん命名)がかわいかった♪

お昼はしらすの釜飯、午後は本わらび餅でお茶、
夜は横浜の野毛で飲むぞー!と出かけて行ったクラフトビールのお店が臨時休業(笑)。
相変わらず持ってるね、オレ。

英国パブで生のブラウンエールやボリュームたっぷりのハギスを食べ
ブラジル料理の立ち飲み屋でカイピリーニャをひっかけ
最後はオーセンティックなバーでスコッチのシングルモルト。
持つべきものはフットワークが軽いお酒好きな友人だわ〜。

2017/04/03

恵比寿の朝

今日から新年度。
社員さんは入社式に出席のため、派遣の我々は30分遅く出勤。
いつもは恵比寿ガーデンプレイスの脇道一直線を歩いているけれど、時間に余裕があるのでメインを通ってみたら、カーネーションの花びらで作ったフラワーカーペットが敷かれていた。
蹴っ飛ばすところだった。まるで曼荼羅みたい。 

山梨もいいけど東京もいいね。

2017/04/02

ぶどうの丘

午後はメルシャンの有料見学に参加。参加者はなんと私ひとり!
いぶし銀の男性ガイドさんと研修?の男性に連れられ、マンツーマンならぬダブル教育の四谷学院状態。90分間たっぷりレクチャーしていただき、価値のある時間となった。

勝沼でワイン醸造を始めた宮光園がメルシャンの基礎なのだそう。建物もまだ残っていて見学できるのだが、バスの時間があってあんまりじっくり見られなかったのが心残り。

バスでぶどうの丘の温泉に着いたらめちゃくちゃお腹が減り、天玉そばを。
昨日は25000歩、今日は16000歩。オラもう歩き疲れただよ…。
温泉で癒されたあと東京に戻ります。

追記
本日、22000歩達成。早く寝よう。

釈迦堂遺跡へ

朝市の後は今回最大の目的地へ。
バスがほとんどないので30分歩くしかなく、しかも坂道。 
Googleマップお得意の私道に案内され、農作業中のぶどう農家さんに不審がられつつ、ぶどう棚をくぐり抜けてたどり着いたのはこんな絶景。

雲みたいに見えるのは南アルプス。遠近感がかなりおかしい!わろてまうほどの高さ。

これですこれ、これが見たかった!超完璧な水煙型土器。美しすぎる!
中央高速を作る際に発掘されたのだそう。

そしてなんと博物館から専用通路で中央高速のサービスエリアに歩いていける。実は東京からだと高速バス一本で来られるのだ。
そしてなぜかあんかけラーメンを食べている…。
これからまた歩いて下るぞ〜!

勝沼の朝

甲府から電車で30分、勝沼ぶどう郷へ。
もともとは土曜日に日帰りで訪れる予定が、ひょんなことから月1で第1日曜日に朝市が行われることを知り、一泊2日に変えたのだ。
もともとは住民が勝手に始めたマルシェだそうで、ゆるい感じがとても良い。

豆乳チャイとカマンベールとくるみのパンで豊かな朝ごはん。

2017/04/01

甲府でハシゴ

やばいぞ甲府。美味しそうなお店が多すぎる!もつ焼き屋さんにはしご。
メニューがワインじゃなくて葡萄酒って書いてあるのがそそられる♪

こんな素敵な街をいつも素通りしててすまなかった。中央本線に乗ったときは、次から必ず一杯飲んで帰るようにしたい。

甲府の夜

バスで甲府駅に戻り、太宰治が新婚時代に通ったという銭湯に入り、意外にも初めての甲府城の石垣を堪能し、ホテルの向かいのイオンの山梨ワインの充実具合にくらくらし、甲府の市内を散策。
地ワインもいいけど、お店の下で作ってる地ビールも気になる。でも来週横浜に地ビール飲みに行くし…なんて思ったけど、甲府の地ビールは甲府でしか飲めないではないか!
ということでまんまと入店。
しかも飲み比べセットがあるだなんて、あれこれ試したい私のハートわしづかみ!

またまた土器

縄文土器ブーム到来中!
情熱的な火焔型土器とはまた違う、流れるような文様の水煙型土器が山梨にはたくさんあるのだ。
めっちゃ行きにくい場所にある県立考古学博物館。土器だけでなく古墳もあり、古代好きにはたまらない。

発掘された銅鏡のレプリカを触らせてもらえるよ!こないだ知事も来たよ!と興奮気味に勧められたけど、私の興味はそこではなかったため、ふーん、と素っ気ない対応して申し訳なかった。

甲府で朝そば

18きっぷの旅第2弾は甲府へ。
高尾駅でおにぎりを買って食べたのだが、終点に着いたらお腹が減り、最近松田龍平くんが「やっぱかけ蕎麦だな」と駅そばを食べてるCMが気になっていたので、甲府駅でお蕎麦。
うん、やっぱかけ蕎麦だな。

今日はJR民営化30年記念日。改札を出たら駅長さんが記念のティッシュを配っていた。レアすぎて使えないわ〜!

2017/03/30

検診明けのかるかや

派遣会社の健康診断のため都心へ。
今までやった検診の中で一番詳しく丁寧にやってくれた。
総合的な検診で胃部レントゲンやマンモグラフィ、婦人科検診までやってくれるところはそうそうない。ありがたや。

前回は摂生もせずかなりいい加減受けてひどい数値だったので、今回は糖質や脂質に気を遣い、お昼は豆腐とスープともずく、夜は厚揚げと野菜のカレー(ごはんなし)や、きざみ揚げをパンに見立てたオニオングラタンスープなど美味しい工夫をして乗り切った。
その甲斐あって体重も少し落ちたけど、緊張で血圧がすごい数値に…。

お昼は今日から池袋西武で開催の北海道物産展でラーメンを食べようと思ってたけど、お昼前なのにすでに行列。みんな抜かりないな。
ということで屋上でいつものかるかやのうどん。我慢してきた分、糖質と脂質と塩分がこれでもかってぐらい染み渡る。
春の日差しが眩しい。
あ、うかうかしていられない。バリウム排出という重大な作業が残っていた!

2017/03/25

土ランチ


仕事も山場を迎え、土曜出勤もおそらく今週で終わり。
お昼はメルヘンのサンドイッチ。何も言わずとも保冷剤をつけてくれるとはありがたい!
メルヘンといえば外せないフルーツサンド。来週健康診断なのに…。
トマトのサンドイッチは三位一体になってて若干食べにくかった(一種類ずつ食べたい派)。

前に比べたら残業時間なんて少ない方なのに、トシのせいか8時を過ぎると衰えてくる。
よくあんなに残業してたよね、自分。
来月の給料がたのしみ。

2017/03/20

今回の戦利品

帰宅しました。ダッフルコートが暑いのなんの。
東京に着いた途端くしゃみが止まらなくなった。

今回の戦利品は見事に火焔土器まつり。
勢いで買ったエコバッグはA4サイズのものしか入らないことが判明。
しばらくは縄文ブームがおさまりそうにない。
18きっぷの残りで山梨あたりの土器を攻めるか …。

さようなら、長岡。

 馬高のあとは新潟県立歴史博物館へ。
こちらも火焔土器推しだけど、「ほとんどレプリカですから」と言ってた馬高縄文館の学芸員さん、うちは本物ですから!という自信にあふれていた。

お昼を食べるには時間がなく、駅弁を購入。出発してから食べたかったのに、向かい合わせの席には座れず意外と混んでて食べにくそうだったので、発車前にいただいた。
こういう素朴なお弁当がしっくりくるな〜。

毎日たくさん歩いた割にはひざも傷めずお腹も快調、健康的な旅だった。
あとはひたすら電車に乗って帰るだけ。八海山を眺めながらうとうとします。

春の火焔土器まつり

馬高縄文館、すごい!すごすぎる!!
めくるめく火焔土器の嵐。
間違いなく世界最高峰!

2017/03/19

長岡の夜

十日町は温泉にまで入るほど大満喫。顔につける化粧品をコインロッカーに預けてしまったが、売店にあったテスターで乗り切るという大人の知恵を発揮した。
めくるめく火焔型土器グッズに散在し、長岡へ移動。

久保田の蔵元がやってるお店に行ったら満席で、代わりにその名も火焔というお店へ移動。
1杯目は新潟限定ビール。
飲んでくれと言わんばかりに目の前の一升瓶が誘っている。
つーかこの店人手不足?料理が出てこない!飲み終わっちゃうよ?

十日町に下車

十日町に到着し、次の乗り換えまで40分、駅前のお蕎麦屋さんで急いでランチ。
今日の午後は長岡の博物館に行き、翌日は越後湯沢にでも寄って帰るつもりだったけど、予定を変更して今日は十日町を散策し、長岡の博物館は明日行くことにした。

こないだ國學院の博物館で見たばかりだけど、やはり本場で見ておきたかった国宝の火炎型土器。
美しい!

朝そば

長野駅の駅そばで朝食。お出汁がめっちゃうまい。

これからかわいい電車に乗って新潟方面に向かいます!
私の座席1人がけシートなので、まわりはおひとり様の鉄ちゃんばかり。濃いわ〜(笑) 。

2017/03/18

旅先マジック


長野ではここでしか飲めない!と言われるとつい頼んでしまう。
穂高ビールのアルト、香ばしくてうまし。
そして生ハム待ち…。

長野の夜

Special othersのライブ終了!
超〜〜楽しかった!口角上がりっぱなし!来た甲斐あったね。信濃だけど。

MCがほとんどなく、10曲以上連続演奏はちょっとキツかったけど、旅行直前までつらかった膝の痛みもなく、それもこれも善光寺でびんずる様をなでたおかげに違いない。

気分も良いので駅前の良さげなビアバーで浮かれることにした。
まずは長野のワインでスタート。
計算して飲まないとダメだぞ、オレ。

牛に引かれて

美味しいお蕎麦を食べたあとは善光寺にお参り。
このダイナミックなデザインの紋、いつ見てもカッコイイ!
境内を歩いていたらお彼岸だからか“お数珠頂戴”という儀式に遭遇し、住職さまのお数珠で頭をなでてもらった。なんだかいいことありそう♪
ご朱印は40分かかると言われ、待つ間ついつい甘味処で栗あんみつ食べてしまうのだった。てへ。

長野の道のりは長いの〜

朝6時前に出発し、中央線にひたすら乗って松本で乗り換え、長野まであと少し。
早朝の列車は山登ラーと18きっぷの鉄ちゃんで溢れかえっていて、荷物はでかいし、じい様達のおしゃべりは炸裂だし、無駄に高価そうな一眼レフカメラのピピッという音がやかましく、雑音を防ぐべくiPhoneで音楽聴いたらバッテリーが減ってまいった。

富士山、日本アルプス、八ヶ岳、どこもきれいだけど車内が混んでて写真が撮れない!
イメージ写真をご覧ください。

2017/03/17

ひとり聖パトリックデー

毎年うっかり忘れているセントパトリックデー。
今年こそは参加するぞ!と思っていたのに、今日も残業。
明日は早起きしなくちゃいけないので
おうちでギネスと缶つまでささやかに。
生じゃないけどやっぱりギネスはうまーーい♪

大阪旅行の記事もまだ完結していないのに
(書くヒマないよ〜〜〜)
3連休は18きっぷ旅行にお出かけなのだ。
でも職場の皆さんにはナイショ。だって
「ぷるさん休日出勤に来られない日」
なんてカレンダーに書かれたら
ウキウキとお土産なんて渡せないもんね。
来週から頑張ります!

2017/03/16

やられた

 
昨夜は遠くへ引っ越す友人の送別会。
もつ焼き屋さんのあとに魚が食べたい!とハシゴしたら
休みでくずおれた。
こんな時まで勝手ながら大全開。

2017/03/09

あんなにアホほど食べたのに

1月に「アホ牡蠣会」が決まってからずっと牡蠣を我慢していたので
スーパーで割引の牡蠣を買って自宅でクリームシチューに。
東京では宮城と広島がメインだけど、これは岩手の陸前高田産。
宮城産はノロウイルスで一時出荷停止になってたので
その影響なのかな。
牡蠣とブロッコリーは肝臓に良いらしいよ!>飲み助の皆さん。


職場で帰り際に、上司が
「最近コキ使ったお詫びに…」と
お砂糖を一切使っていないチョコケーキを下さった。
コキ使われるために雇っていただいてる派遣の仕事なのに!
(そんなこと言ったら、いくらもらっても足りないくらい
コキ使われた会社だってあるのに!)
しかもわざわざ糖質オフのスイーツを選んで…なんという心遣い!!
「大丈夫、このあとまだ沢山仕事頼むから!」
「この後も頑張れよってことですね」
こんな職場なら私は頑張れる。

久々のソト弁当

おそらく3週間ぶりくらいにいつもの公園でお弁当。
ちょうど良い甘塩の鮭、青菜入りの卵焼き、牛すき、そしてホカホカごはん、美味しいなあ。

職場が忙しすぎて、みんなお昼休みの境目なく仕事をしている。
デスクでの食事禁止がいつの間にか解禁になったのは助かったけど、周りがわさわさしてると気が休まらないんだよなあ。
みなさん、休むときは休みましょう!
そういうタイムマネジメントも仕事のうちだと思うから。

2017/03/08

日常

昨夜、残業中にめっちゃ寒気がして
帰宅後すぐに就寝。
うなされながらも9時間寝て
微熱はあったけど頑張って出社。
テンション上げるためQUEENを聴いたら
めっちゃ元気が出た。

出社したらやはり仕事の山が待ち構えていたけど
私しかできないことなので、行ってよかった。
水曜日は1時間早く出・退社のノー残業デーのため
定時で帰れそうな気配だったので
チャンスとばかりに17時で帰宅。

ずっと朝にシャワーばかりだったから
湯船に入るのは久しぶり。
念入りにお風呂に入って、洗濯して、料理して、
すっごく充実。これが日常なんだ。
週に1度はこんな日がないとやさぐれるなあ。

ちなみに私が好きなQUEENの曲は
Doin' All Right」という曲。
歌詞がグッとくる!

2017/03/06

今回の戦利品

帰宅しました。
今回は牡蠣の会がメインだったので買い物は少なめで
8割が九度山の産直市場で買ったもの。
梅干しとか干し柿とか鈴カステラとかシブい食べ物多し。
そしてなぜか愛媛の麦味噌まで…。
でもよく考えたら和歌山の隣は四国なんだよね。

西の皆様、お世話になりました!
また誘ってね♪

関空にて

大阪の友人と551蓬莱の話をしていたらめっちゃ食べたくなり、お土産に買うという手もあったけど「あの匂いはテロに近い」という言葉を思い出して、帰りの関空で豚まんと海老シュウマイをイートイン。
うまーい!

peachのシステムがよくわかってなくて、早めに空港に行ったのにチェックインは90分前からじゃないと受け付けないらしく、第1と第2ターミナルの間を行ったり来たり。
LCCでpeachだけウェブチェックイン出来ないのは不便だなあ。

大阪城にて

 
真田丸のおかげで、今まで全く興味がわかなかった大阪城へついに行く気になった。
鉄筋・金ピカのお城は私の趣味じゃないし、石垣も新しくてイマイチだったけど、石垣を提供した大名の印が刻まれた古い石垣群にはグッときた。

玉造にて

朝は大坂の陣の決戦地・茶臼山、真田丸跡などを回り、お昼はお好み焼きを目指すも、予定していたお店は1時までお好み以外の定食しかなく、別のお店を探して入店。
玉造の商店街は真田丸にがっつり乗っかっていて、さすが商魂たくましい大阪のパワーを感じた。
真田十勇士玉なんてのもあったけど、オーソドックスにすじ肉玉。
お店の人が全部やってくれるのがありがたい!

つわものどもの夢のあと

よく飲みました!

rakuten