2015/05/04

妹一家来訪

妹、中3の甥っ子、中1の姪っ子が遊びに来てくれた。
彼らが来るおかげでウチは掃除ができので
それだけでもう助かる。
母の楽しみは孫たちに花を植えてもらうこと。
孫たちの目的はお小遣いなんだけどね(笑)。

お昼はいつもの回転寿司へ。
甥っ子、マグロばっかり食べてバカじゃねーの!?
でもそんなおバカなところが昔からスキ♪
姪っ子は演劇部に入ったらしく
母、私に続く三代目の誕生に期待を抱いた。

帰宅後は先日譲ったPCのレクチャー。
妹も旦那さんもそんなにPCに詳しくはないので
教えられるのが私しかいないらしく、責任重大!
でもいったい何をどう教えて良いやら。
私自身全然使いこなしていないし
教わるより自分で覚えていくものだと思い
本を買ってあげてそれで覚えてもらうことに。

最近にわかにイラストの才能を発揮しだしたという甥っ子。
仕事で使ってたAdobe関連のことなら
いくらでも教えてあげられるのに
買うには高くてさ〜。ほんとゴメンよ〜。
すでにフリーのドローイングアプリをDLしていたので
それの使い方をおばちゃんも覚えることにします(笑)。

夜は彼らのリクエストでカラオケへ。
こないだまで歌ってたロボットアニメの歌は消え
すべて「ラブライブ!」の歌になってた。
妹と一緒にピンクレディーの「UFO」を
振り付けつきで歌ったら息があがって死ぬかと思った…。
「君たちがラブライブに夢中になってるのと同じで
 当時の中学生はみんなピンクレディーを踊れたんだよ」
と70年代後半のカルチャーを説明。
今でも踊れるんだから、身体が覚えてるってすごい(笑)。

ということはラブライブ=ピンクレディーに匹敵するのか?
その割には大人には浸透してない気がする。
当時の大人はピンクレディーをどう思っていたのか気になる。

2015/05/02

夏も近づく八十八夜

茶どころ・狭山の近くに住んでいるので、沿線の友人を誘って新茶祭りへ。
入間市役所にある茶畑で新茶をつみ、ふるまい茶をいただき、お茶の天ぷらを食し、意外とあっさり祭りは終了(笑)。

近くのジョンソンタウン(元米軍基地のハウス)でランチ後、入間市の博物館へ。ステキな縄文土器の数々にドキドキ! お茶に関する展示もあり、ここでもまたお茶のサービスあり。縄文型の急須があればいいのに…。
おとなりの喫茶でもお茶、帰宅後は買った新茶でお茶、夜はつんだ茶葉をお風呂に入れてリラックス。カテキン効果でニキビが治ってくれるといいな。
お茶づくしの八十八夜。日本人に生まれてシアワセです♪

2015/04/30

武装解除後の昼酒&餃子

久々に襟のあるシャツを着て、はき慣れない革靴で都心へ。
筆記試験があるというので一般常識を覚えて行ったのに
(付け焼き刃勉強法と呼ぶ)
Excelの実技テストだとは思わなんだ。
やったことのないことが出たりして
もうダメだ…と思ったら、意外に出来てる方だったらしい。
筆記は一般常識ではなくアンケートで
仕事に対する考え方やスピリットを知るためのものだったらしい。
久しぶりにものっすごく集中してカッチリした時間を費やし
心身のエネルギーをすべて使い果たした感じ。
帰りに寄った池袋西武の催事の551蓬莱に長蛇の列。
この人混みでさらにグッタリして並ばずに帰宅。 

551は無理だったので地元で餃子をテイクアウトして昼酒。
地元はGWでも空いててユルくて良いねえ〜。

面接に行くときって
敵陣に乗り込んで知らない武将と戦うぐらいエネルギーが要る。
甘く見られないようにこっちも鎧兜をかぶって行くけれど
それを剥がされずに中身だけ見てくれと心では願っている。
それを分かってくれる相手だったらマッチング成功なのだけれど。

出来ることはやったのであとは運を天に任せるのみ。
とりあえず疲れたので昼寝します。 zzz...

2015/04/28

武蔵野を彷徨う

月いちの野暮用で三鷹へ。
いつも月曜日だったのが今日だけ火曜日になったので
定休日で入れなかった太宰治文学サロンへついに入館。
小規模ながら無料で見られるのは有り難い。
三鷹市がやってるみたい。 スゴイ!
同じ通りには彼の仕事場だった小料理屋と
その向かいには一緒に心中した女性の下宿があった。
その先にこんな資料館ができるとは
太宰先生も思いも寄らなかっただろう。

カフェとか雑貨とかはしごしてランチしてもまだ午前中。
天気もいいので立川の昭和記念公園へ。

いやー、広いのなんのって!
こんな広い公園、もとは何だった?とググったら
元米軍基地だった。ですよねー。
湖のほとりはまるでスーラの絵みたいだし
睡蓮の池はモネの庭みたいだし
この噴水にいたってはベルサイユ宮殿。

つつじがまるでケーキみたいな美しさ。

藤棚もきれい。
他にもスズランやボタンなど花の香りも感じられてリラックスでき
充実した寄り道となった。

花が惹き付ける魅力ってすごいなと思う。
生きていくためには必要じゃないものかもしれないけど
世の中全部が質実剛健なものばかりじゃつまらない。
すごい建物とか都市計画とかする傍らで
花を植える人がいるからバランスが保てているのではないか。
文学も一緒で
読まなきゃ生きていけないわけではないけれど
心がうるおったり感動できる存在があることは大事。

国立(こくりつ。notくにたち)なのでタダかと思ったら
入場料がかかったのは想定外。
太宰治はタダだったのに。
思わずロバート秋山さんの「TOKAKUKA」を口ずさんでしまった。

↓最近最もウケた曲!センスよすぎる…。

2015/04/26

テレビのBGM問題

TVドラマ「天皇の料理番」が始まった。
この時間帯のドラマは黙ってても見ることが多いのに
毎日手を替え品を替え宣伝が激しく
こんなにも頻繁に“見ろ見ろ攻撃”されると逆に萎える。
ドラマはもちろん面白かったし今後も楽しみなのだが
(出てる役者さんが好きな人多し!)
気になるのがテーマとして使われている「威風堂々」。
これって“大英帝国の代名詞的な曲”だと認識していたのだが
日本の天皇に関わるドラマのGBMとして使うことに
違和感を感じるのは私だけだろうか。
“高貴で神々しい曲”という印象だけで選んでない?

春に大量に流れていた幼児教材のBGMにも違和感があった。
ローリングストーンズの「She's a Rainbow」、
MacユーザならあのiMacのCMを思い出したのではないだろうか。
今までに無いカラフルなPCの新発売で
“レインボウ” はアリだと思うのだが
ドラッグでラリってて自分の彼女が虹に見えたっていう
幻覚体験を歌う曲を
なぜに幼児教材で使う必要が??

ちゃんと曲の背景とか調べて使ってますかね?

なんて話しを友人としていたら
だったらBGMをすべてダジャレで選んでいる
「タモリ倶楽部」と「アド街っく天国」はすごい!
という話しになった。
何に掛けているか分からない時の悔しさったら…。
先日気づいたのだが「秘密のケンミンSHOW」もダジャレだった。
スルメとにんじんを使った
福島の“いかにんじん”という郷土料理のBGMが
なぜかニルヴァーナの「smells like teen spirit」。
なぜにこの曲??と悩んだところ
スルメとsmellsが掛かっていることに気付いた。
やるぅ!!
いや〜、かなり上級の技だったな。
意味不明なBGMならこっちのほうがずっと楽しい。

2015/04/24

自由だなあ

思い立って食ブログのカテゴリ整理。
リニューアル前とカテゴリが共通してないのが
ずっと気になっていたのだ。
とはいえかれこれ10年もやってるもんだから
旧カテゴリを整理するのが面倒ったらありゃしない。
さらにリンク切れやら何やら見つけると
直さずにはいられない職業病を持っているので
夕方まであれこれ修正。肩こった〜。

仕事の契約満了で求職中だった時期が2回あるのだが
過去のエントリを見ていると深刻さが全くなく
ずいぶん気楽に生きているなと呆れる(笑)。
辞めたあと楽しいことが色々あったおかげで
先の不安よりその時の開放感にひたりきっている。
自分ながらいかがなものか…と思いつつ
去年の秋に辞めてからも
旅行して美味しいもの食べて遊びまくってるようにしか見えない。
(すんご〜〜く倹約した遊びなんだけどね、一応言い訳。)
学習しない、というよりこれはもう性格というか生き様?
多分一生変わらないね。

2015/04/21

大人の階段の〜ぼる〜♪

中3の甥っ子にあげたMacに
有害サイトをブロックする
ペアレンタルコントロールの設定を忘れたので
電話で妹を遠隔操作して設定した。
今まで誰かとPCを共有したこともないし
職場ではみんな大人だったからそんなの必要なかったので
一度も設定したことなんて無かったけど
ついにこういう日が来たか。

私たちが子どもの頃から比べると
信じられないようなものが普通に目に入ってくる時代だから
子どもにPCやスマホを与える親って大変だ。
どうせそのうち目にするんだろうけど
せめて親ができる範囲でブロックしないとね。

なんて思ってたら妹から早くも電話が。
「ラブライブ!」のサイトがブロックされちゃったから
これだけは見させて、とお願いされたらしい。
早速ブロックされてやんの!と苦笑したが
「ラブライブ!」って有害サイトなの??

そのあとしばらくして甥っ子から
画像をデスクトップに設定する方法を教えて、と電話が。
教えながら電話の向こうで中1の姪っ子が
「有害サイト見られるようになった?」
とからかっている声が聞こえてきて笑った。

理数系の甥っ子をMacユーザにしたことが
伯母のちょっとしたヨロコビだったりする(笑)。

2015/04/19

キッチンの意外な発掘

妹の家の引越し荷物を開梱した時
なかなかの良い食器がいろいろ出てきてワクワクした。
ウチにはなんかあったっけ?と自宅の食器棚を探してみたら
高価ではないが最近話題のものが出てきた。

それはメイソン・ジャー。
20年前に紅茶の葉を入れるために買った瓶の容器なのだが
最近流行ってる“ジャーサラダ”で脚光を浴びているのだ。
メイソン・ジャーにドレッシングとサラダを詰めておき
食べる時にかき混ぜて食べるというもので
密閉性が高いので日持ちするのだとか。
そんな立派なものだったのか!
瓶のフタが天板とリングの二重構造になっていて
開けるたびにバラけるから面倒で使わなくなったのだが
その二重構造こそが気密性の秘密だったんだな、わはは。

使わなかったせいでかなり前にフタがさびてしまい
瓶だけは使えるかも…と取っておいたのだが
そうと分かればフタを探して是非とも復活させたい。
ということで池袋へ出かけてみたものの
ハンズも無ぇ、西武も無ぇ、
ロフトも東武もぜんぜん無ぇ。
(「俺ら東京さ行ぐだ」のフシで)
仕方ないのでネットでオーダーすることに。
商品より送料の方が高いのがなんともなあ…。

ところで、ジャーサラダを作るために大事なのが
雑菌が入らないよう瓶を煮沸消毒することなのだが
サラダさえ作り置きするようなズボラな人が
煮沸をするとはとても思えないんですけど!(笑)
私がそうだから自信を持って言えます!!
ちなみにWECK(同じく気密性の高い保存容器)も持ってるけど
やっぱり眠らせてた…。
もったいないからこれを機に使ってあげよう。

2015/04/15

ジヌについて考えた

レディスデーなので「ジヌよさらば」を観に行った。
劇団「大人計画」の松尾スズキさんが監督なので
劇団員の方々がたくさん出演しており
「あまちゃん」で見慣れた面々が懐かしかった。
主演は松田龍平くんで、
銀行勤めでお金アレルギーになり、田舎に引越して
お金を一切使わないで生きて行く青年を好演していた。

東北の架空の村が舞台だが
どこでロケしてるんだろう?とクレジットを見たら
福島の柳津(やないづ)という場所だった。
柳津…なんだか見覚えあるな…と思っていたら
圓藏寺というお寺に行こうと計画したことがあったが
只見線が不通になってしまい、頓挫した場所だった。
これは夏の18きっぷで訪れるしかないな。

ジヌ(=ゼニの東北なまり)って
現物が無ければ無いで生きていける。
ほとんどがカード決済できるから
オンラインだけで済ます事ができる。
働いた分の給料が銀行に入金されてるけど
お金そのものである証拠は無く、単なる数字の印字のみだ。
そんな不確かなものをお金と思い込んで
私たちは日々過ごしているのが実に不思議だと思う。
駐車場の“空きあり”の文字を見て
仏教の「空即是色」を発見したみうらじゅんさんのように
私も“お金”でそれを発見したのでありました。

超久しぶりのライヴハウス

友人に誘われて新宿のライヴハウスへ。
歌舞伎町なんて超〜〜久しぶりなんですけど!
ヤマダ電機の新しいビル、初めて見た!!(浦島太郎)
ライヴの前に中国度の高い中華屋さんで ちょっと一杯。
牡蛎と黒豆の炒め物、美味しかったな。

先に飲んだのは、対バンを立って見るのがつらかったから(笑)。目的のバンドはトリで、友人の息子がドラマーなのだ。
初めて見たけど、カッコイイじゃないの!
曲もバンドのメンバーも個性的だし
なんといってもギタリストくんがただ者じゃない。
ロンゲ+ヒゲはまるでダイナソーJr. なんだけど
髪を振り乱して一心不乱にギターを弾きまくる姿と
ニコニコとMCをする姿のギャップに打ちのめされた。

にしても息子くん、立派になったね…(涙)
小さい頃から知っていて(おなかの中にいた時から!)
家に遊びに行ってよくホッピー注いでもらったり
思春期にビートルズに目覚め、まずはスタイルから入ろうと
ごはんと味噌汁だった朝食を
パンと紅茶に変えたという話しを聞いて微笑ましく思ったり
(お母さん、すっかり忘れてたけど)
あの子がこんなかっこいいドラマーになるなんて!
おばちゃんもう、泣きそうですよ…。

rakuten