2014/08/18

新生KIRINJIの新譜『11』は大傑作! 後半

よろしければ前半からお読みください。

6. シーサイド・シークェンス~人喰いマーメイドとの死闘篇
「雲呑ガール」を上回る、なんじゃこのタイトルは!?
もともと「シーサイド・シークェンス」という曲があり
プレスリー風のヴォーカルになんともいえぬ違和感を感じたのだが
その後「都市鉱山」などの“違和感系”のヴォーカルに慣れさせられたため
こういう馬鹿馬鹿しい曲が受け入れられるようになった。
ただのプレスリーじゃなくて
「西田敏行がマネしてるプレスリー」だそう〜です〜。

7. 狐の嫁入り
インスト曲。気持ち良くて通勤列車で聴いてると必ずウトウトしてしまう。

8. 虹を創ろう
珍しくストレートなポップソング。
NHKの「ソングライターズ」に出た時にも
「受け手が理解できないような歌詞は書かないようになった」
みたいなことを言っていたけど
こういう素直な言葉の歌があるから
奇抜な歌とのバランスが取れているのかも。

9. ジャメヴ デジャヴ
シリアスな曲。
このアルバムで感じたのが
高樹のヴォーカルが格段に上手くなっていること!
もともとヴォーカリストではないので“味”重視だったけど
味というくくりがなくても魅力のあるヴォーカルに仕上がっている。
これはライヴが楽しみだ!

10. クリスマスソングを何か
弓木ちゃんとコトリンゴさんのヴォーカルが楽しめるキュートな曲。
弓木ちゃんの透き通るような声と
コトリンゴさんのウィスパーヴォイスの調和がミラクル。
「主は来ませり」ぐらいでしか聞いたことがない
“ませり”で韻を踏んでるところがナイス。

11. 心晴れ晴れ
ああ、まさにことのタイトルの通り
心が晴れ晴れとするような、自由を謳歌する曲。
メロディもアレンジも何の奇もてらわない、ポップスの王道。
最近「自由に生きること」について考えていた私にとって
この「心晴れ晴れ」と「進水式」は
2014年のテーマソングになりそうだ。


ヤスくん脱退が決まった後のアルバム2枚については
どうにもこうにも楽しい気分で聴ける状態ではなかった。
おそらく「辞めると決まっている人のヴォーカル」が
心に入って来なかったのだと思う。

キリンジという名前を継承しようと決めた以上
相当な覚悟と意地があったと思う。
その思いが見事にアルバムに表現されている。
いろんな産地のいろんな素材を使った
極上のフルコース・ディナーをいただいているような、
そしてそれを毎日食べたいと思わせてくれるような…。
どの曲も繰り返し聞きたくなるから
私の頭の中には常に違う曲がぐるぐる回っている。
キリンジのファンになって以来、
こんなことは初めてかもしれない。

とにかくもう一回声を大にして言いたい。
これは大傑作だ!!

2014/08/16

新生KIRINJIの新譜『11』は大傑作!

まず先に謝っておきたいのは
この新譜の発売日を忘れていたこと。ゴメン。ほんとにゴメン。
去年の年末に観た新生KIRINJIライヴでは期待と不安が半々で
おまけに先日観たヤスくんのライヴがとても良かったものだから
私の中で不安のほうが増大してしまったのだ。
というわけで1週間遅れてやっと拝聴したのだが
私はここでまた謝る。ゴメン。ほんとにゴメン。
こんな大傑作を1週間も放ったらかしにしてて!!

1. 進水式
年末のライヴで最も期待が高まった1曲。
新しい船がこれから大海原に出て行こうとする門出を歌っており
新生KIRINJIからのメッセージそのもの。
メロディやサウンドもザ・キリンジともいうべき王道の展開で
兄弟時代からのテイストを壊すことなく継承されていており
さらに6人組のバンドサウンドの厚みが出ていて
1曲目から胸のすくような思いにさせてくれる素晴らしい曲。



2. だれかさんとだれかさんが
放課後の理科室、ビーカーでコーヒーを入れている
だれかさんとだれかさんが恋に落ちそうなストーリー。
なんてあまずっぱいの!
今まで大人の恋愛の歌が多かったキリンジだけに
この展開にはもう胸がキュンキュンしっぱなし。
エレクトロニックな味つけに男女コーラスの掛け合いが小気味良く
一番好きなのはやっぱり人体模型とせいくらべのくだり。
「だそう〜です〜」がたまらん!!

3. 雲呑ガール
高樹の曲の特徴は、まずタイトルで興味を引きつけるところ。
「柳のように揺れるネクタイの」だの
「温泉街のエトランジェ」だの
そして今度は「雲呑ガール」って。ワンタンですかあ???
花園神社で会って引っ掛けた女の子と
風林会館の前で集合しておごってあげる過払い金が戻った男。
アヤシイ。絶対アヤシイ。
風林会館、過払い金、よくぞこの単語を歌詞に!
※風林会館とは歌舞伎町のど真ん中にある、名前は知ってるけどおそらく普通の人は怪しくて入ったことのない商業ビルの名前
高樹のソロ「涙のマネーロンダリング」(このタイトルもまたすごい!)でハイエースのバックシート、ワンカップでパーティしてる男と同一人物に思えて仕方ない。

4. fugitive
夏フェスで「女逃亡者の歌」「福田和子」と噂になった曲。
ライヴではコトリンゴさんの声では歌詞が聞き取れなかったけど
歌詞を見て、ははあ、こうきましたか!
最近高樹の謎のシチュエーションを題材にした曲に
若干飽き気味だったのだが
それをコトリンゴさんのウィスパーボイスで歌われると
ギャップの面白さが際立っていてすごくイイ。
キリンジ名義の曲で女性が一人称の初めての曲だと思うが
女性メンバー加入でこのジャンルの可能性が広がった気がする。
あとはライヴでも聞き取れるようにPAさん頑張ってください!

5. ONNA DARAKE!
ライヴで聴いた安定感のあるヴォーカルを聴いて
彼がメインの曲があったらいいなと思っていた
ドラムの楠さんがヴォーカルの曲。
町に繰り出せばどこも女だらけで
男どもは何をしてるのか?という問題提起(?)の曲。
こちらも打ち込みがメインだけどライヴでの演奏が楽しみ!

あー、書くことありすぎて長くなりそうなので今日はここまで。
とにかく、これは大傑作だ!!

11(初回限定盤)(DVD付)11(初回限定盤)(DVD付)
KIRINJI

曲名リスト
1. 進水式
2. だれかさんとだれかさんが
3. 雲呑ガール
4. fugitive
5. ONNA DARAKE!
6. シーサイド・シークェンス ~人喰いマーメイドとの死闘篇
7. 狐の嫁入り
8. 虹を創ろう
9. ジャメヴ デジャヴ
10. クリスマスソングを何か
11. 心晴れ晴れ

1. 進水式
2. fugitive
3. シーサイド・シークェンス
4. クリスマスソングを何か

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2014/08/15

ものものしー

職場からすぐの交差点がすごいことになってる。 ありとあらゆる道に機動隊(警察官ではない!)が配備され、 例の神社に向かう道には様々な活動団体、歩道にはバリケード…。 鼻歌歌いながらランチを買いに行ってる場合じゃなかった。

このあとやってきた街宣車は大通りを通れず迂回させられてた。その後ろからは覆面パトカーが。

ひとつ終わって静かになったと思ったらすぐに別な団体のデモが。デモ当事者よりそれを囲む機動隊の数のほうが多く、機動隊のデモかと思ってしまうほど。

1人1本旗を持った行列が延々2〜300人。白地に赤い丸はシンプルでミニマムな究極のデザインだが、これが大量だと旗に意思が現れてしまうという不思議な状況を体験した。

異様としか表現しがたい光景と騒音は夕方5時過ぎまで続いた。
戦争で亡くなった方々は、こんなところで魂が休まるだろうか。
私だったらこんな騒然としたところには来たくない。

っていうか、静かに仕事させて(笑)。

2014/08/13

さすらいヒストリー

そもそも私がさすらいに共感したのは
ロジャー・ニコルズ&ポール・ウィリアムズの
「The Drifter」という曲を聴いた時から始まる。
ソフトでポップな曲にのせて歌われる歌詞は
足かせを外し自由を謳歌しようという希望に満ちている。

「まだ行ったことのない場所に行ってみたい
あの夕陽を浴びたい
私の中にはさすらい人が住んでいる 」。

さすらうってなんてステキなの!と思った私は
やってもいない架空のバンドで演奏するため
和訳の歌詞まで作ったぐらいだ。
ちなみにロジャニコよりもサンドパイパーズ版のほうがオススメ。

この大好きな曲を、当時の私の王子様
高野寛くんが日本語でカヴァーしたのだ。
うわー、なんてこと!絶対運命的なものがある!!
と思ったけど、さほど運命はからまず今に至る。

その後、私はキリンジと出会い
彼らを好きになる決定的な曲に出会った。
その曲のタイトルこそが「Drifter」。
あの「The Drifter」とはさすらいの方向性がちょっと違うが
この曲を聴いて泣いた。
どのセンテンスも胸を打つ言葉ばかりで
心の底から「この人について行こう!」と思った。
「Drifter」は兄の曲だが
実は弟のほうがさすらい率は高かった。
のちに私は
弟の数々のさすらいソングに共感し、勇気づけられ
そして私自身「さすらわねば」と思うこととなった。

思えば我が家のさすらい率もすごい。
父は 東京→青森→北海道→東京
妹は 北海道→東京→イタリア→京都→北海道→東京
弟は 北海道→東京→北海道→東京→横浜→京都→東京→(長いので省略)
ご先祖様も三重県に始まり、青森、北海道、鹿児島、栃木…と
かなりのさすらい一族だったらしい。

この末裔がさすらわずにいられるはずがない。

2014/08/01

そうだ、さすらおう。

さすらってる曲が好きだ。
民生くんの「さすらい」を初めて聴いたとき涙が出た。
自分も雲の形をまにうけるタイプだったから。
まわりはさすらわぬ人ばっか。
ホントにそうだ。

“ミスターさすらい”堀込泰行氏作の
「ジョナサン」という曲がある。
今までフツウに“ナイスなさすらいの曲”として聴いていたけれど
今日突然サビの歌詞がぐいぐい耳に入り込んできた。

窒息するならキッスだ

ひゃあ〜!なんてステキ!!
こういう生き方こそ真のさすらい人だ。
どうせ窒息するなら私もそっちに大賛成!

そういえば私、自分の職業を聞かれたら
「旅人」と答えていたんだった。
この数年間、そんなことさえ忘れていた。

さすらわねば。くたばらないうちに。
とりあえず今日、その一歩を踏み出してみた。
どんな気流に乗れるか分からないけど
怖がらずにさすらってゆく。

ジョナサンの歌詞が気になった人はこちら

2014/07/30

ヤムウンセンを作りながら考えた

日曜日、友人宅での集いで作った料理の余りのパクチーで
翌日タイの春雨サラダ、ヤムウンセンを作るつもりだった。
でも、月曜日も火曜日も忙しくて帰宅が遅く、全然作る暇がない。
今日かろうじて早めに上がれたので、スーパーで食材を買って
チャチャッと作るつもりが、もう10時を過ぎてた。 

チャチャッと作った割にはウマいじゃないの!
もう、主食にしてもいい!!
むしゃむしゃ食べながら私は思った。
今の自分の人生にはこういう
“チャチャッとタイム”が欠けていることに。

自分が楽しいと思うものを欲してはいけないのだろうか。
生きるために我慢しなくちゃいけないの?
じゃあ生きるって何よ?
生きる=楽しいだろうが!

2014/07/27

YASUYUKI HORIGOME LIVE2014 at 渋谷 TSUTAYA O-EAST

1週間経ってしまったので思い出すのが大変なのだけど…。
2013年春にキリンジを脱退した堀込泰行氏の
待ちに待ったワンマンライヴが行われた。
かれこれ1年3ヶ月彼の姿も生の声も聴いていないので
第一声があがった時は恋しくて懐かしくて涙がにじんだ。
1曲目は新曲の「oh oh oh」、ストレートなロック。
続いては一番古い、デビュー曲の「風を撃て」。
こういうコントラストを持ってくるのが面白い。
淡いグリーンのポロにモスグリーンのカーディガン。
歌っているその顔は『Ten』のジャケットそのまんまだ。

キリンジの曲をいくつか演奏し、再び新曲が
「Wah Wah Wah」って(笑)。
最初のが「oh oh oh」だよね、たしか?
MCでは「いっそのこと50音全部作ろうか」なんて冗談も。

あまり長く休んでると“死んだ説”が出てくるので
友だちから声をかけられたイベントには出ていたという。
友だちからしか呼ばれなかったけど
友だち以外で声がかかったのがミサワホームのCM。
脱退して「お前、大丈夫なのか?」と親から心配されてたけど
全国区のメジャーな会社のCMソングを歌ったことで
これでやっと実家に帰るきっかけができた、と話していた(笑)。

この日のメンバーは
キーボードにキリンジのサポートでもおなじみ伊藤隆博さん、
ベースに沖山優司さん、ドラムに辻凡人さん、
そしてギター、キリンジ兄とはちょっと違う
ワイルドな演奏が気になっていたが、
この細いメガネの人が青山陽一さんだと初めて知る。

ヤスくんのギターの音が大きいことに気づいたり
沖山優司さんがベースなら複雑ポップな
「ムラサキ☆サンセット」を完全再現できるじゃん!
なんて思ったけど
この曲は兄の曲だったなと我に返ったりして
ちょっとずつ「キリンジじゃない」ことを実感する。

最も感じたのが「エイリアンズ」。
たとえ銀メダルを何個も持っていても
1個の金メダルの存在には叶わない。

アンコールの「River」、良かったなあ。
「夢のかけらを片手に 明日の僕を探して」…。
さすらってる歌詞にグッとくる。
君のさすらいにこれからも付き合っていくよ。

01.oh oh oh(仮題)
02.風を撃て
03.涙にあきたら
04.鼻紙
05.クレイジーサマー
06.Wah Wah Wah(仮題)
07.YOU AND ME
08.銀砂子のピンボール
09.火の鳥(firebird)(仮題)
10.だれかの詩
11.スウィートソウル
12.Jubilee(仮題)
13.燃え殻
14.Lullaby
15.エイリアンズ
16.ビリー
17.SHOOTIN’ STAR
18.Red light Blue light Yellow light
19.太陽とヴィーナス
20.どうでもいいさ(仮題)
----------
21. 少しでいいのさ
22. River
23. To Be Continued

フリー・ソウル・キリンジフリー・ソウル・キリンジ
堀込泰行 キリンジ

曲名リスト
1. 今日も誰かの誕生日
2. 野良の虹
3. 君の胸に抱かれたい
4. 恋の祭典
5. 雨を見くびるな
6. かどわかされて
7. まぶしがりや
8. 愛のCoda
9. YOU AND ME
10. 君のことだよ
11. 冬来たりなば
12. 燃え殻
13. Drifter
14. エイリアンズ
15. スウィートソウル

1. グッデイ・グッバイ
2. きもだめし
3. ブラインドタッチの織姫
4. 朝焼けは雨のきざし
5. 雨は毛布のように
6. 双子座グラフィティ
7. 十四時過ぎのカゲロウ
8. ナイーヴな人々
9. バターのように
10. Love is on line
11. 空飛ぶ深海魚
12. ダンボールの宮殿
13. ブルーバード
14. いつも可愛い
15. 荊にくちづけを
16. サイレンの歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2014/07/22

青い〜!

最後の目的地、十二湖へ。美しい〜!
このあと秋田経由で帰ります。

2014/07/21

五能線に乗って

八戸の借りを深浦で果たす。
海鮮丼、うんまいっ!

日本海に沈む夕日を眺めながら温泉につかり、天の川が流れる満天の星空を堪能した。
青森のてっぺんから西の端まで、遠かったけどわざわざ来てホントに良かった!

縄文もいいけど

弥生もね♪
田舎館村の田んぼアートを見に来たけど、お隣の博物館の弥生時代の水田跡と土器のほうがテンション上がった!


コメの歴史がハンパない場所なんだなあ。
縄文も弥生もすごい遺跡を持つ青森ってホントすごい。

rakuten