2016/06/30

府中にて

大國魂神社の夏越の大祓に来たついでに、東京競馬場の博物館に寄ってみたら、なんと臨時休業!
開館日調べて来たのに…。
とことん馬にはご縁がないな。
しかも競馬場がめっちゃ広いから駅まで遠い!

北海道はでっかすぎるどー!

7月中旬に小学校の同窓会のため
再び北海道へ行く予定なのだけれど
ちょうどというか何というか、現在フリーな身の上なので
この機会に北海道を回ることにした。
7月から、連続した7日間が10,850円(1日1,550円)で回れる
「北海道&東日本パス」というJRのお得な切符が使えるので
それを存分に利用することにした。

まずは同級生がいる苫小牧、札幌、旭川を訪れ
今まで行ったことのない稚内へ行ってみることに。
これがまた遠いんだ!
各駅停車で6時間、東京から名古屋ぐらいの距離。
途中下車すると次がないから延々乗らないとダメ。
そのあと再び延々戻って札幌を経由し
大通公園のビアガーデンで飲んだくれたあと
北海道新幹線に乗って(これが一番の目的)
東京に向かうルートに乗るはずだったのだが
なんだかどこも時間が合わなくて
というか想像以上に距離があるので
どうしたらいいのか分からなくなってきた。

JR東日本で山梨や長野などに向かうときは
田舎といえども列車の本数はあるので
経路の作成で困ったことはほとんどないのだが
北海道はまず本数が極端に少ない上に
格安切符では乗れない特急が多く
ショートカットするためには
どうしても有料特急のお世話にならざるをえなくなってしまう。
別途料金を払うとすると約6,000円くらいかかるので
1日1,550円のコスパに比べると思うとかなりの高額。

どうせお金かかるなら
こんな時こそレンタカーで行けばいいんじゃ?と思ったけれど
この季節、北海道のレンタカーって高くて
乗捨て料金がレンタル代と同じくらいかかる。
なんたって広いから…。
それに高速道路を延々3時間走らねばならず、超退屈そう…。

これじゃ7日で戻ってこれなさそうだな〜。
18きっぷもプラスするか…。

2016/06/29

星野くんと復縁

この2ヶ月ほど、星野くんが私の前にちらついていた。

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に出ていた癒し系男子の役名が
星野くん。

教習所の仮免の時に一緒に乗車したのが
星野くん。

教習所の送迎車でいつも一緒になる男の子が誰かに似ている。
星野源だ。

教習所の待合室では音楽番組のCSが流れているのだが
星野源くんの『SUN』がかかった日にはもう
わかったわかった! 
そんなにアピールしなくても聴きますよ!
聴けばいいんでしょ!?

4年前に1stと2ndアルバムを聞いてファンになったものの
当時の私には歌詞が重たく感じてしまい
聞くたびにつらくなってしまったので封印したのだ。
その間に発売された3rdと4thアルバムを購入し
4年ぶりに聴いてみたのだが
驚くほど明るくポップになっていた。
どちらかというとフォーキィなイメージだったのに
4thでは洗練されたシティポップスに変貌していた。
たった4年でこんなに変わるとは!

だって、変わらざるを得ない出来事があったもんね。
くも膜下出血により2度の入院をした彼。
“生死”について嫌というほど考えたのだと思う。
歌詞も以前のような死に関するものよりも
生を謳歌する歌詞が多くなっているようになっていた。
良かったね。
きっと楽しい人生を送っているんだね。

と思って調べてみたら
所属事務所があの大手「アミューズ」に移ったらしく
ポップになった理由はそこかも!なんて思ってしまったが
私はポップ大歓迎!
もう一度ファンになってみよう。

2016/06/25

もろもろ、終了。

あれやこれやバタバタしていた一連のことがすべて終了し
久しぶりに何も心配ごとのない週末を迎えた。

「どうしても受かりたい面接」は
北海道の生まれ故郷で町を元気にするという仕事だった。
住み慣れた東京を離れて北海道に移住する決意をし
そのために自動車教習所に通い
高齢の母を説得して一緒に来てくれることになり
たくさんの人にアドバイスをもらい
満を持して人生をかけて臨んだ「初夏の陣」だったが
たった3行の素っ気ない文章の不採用通知で終焉を迎えた。

自分にできることはたくさんあると思ったのだが
雇う側のニーズにマッチしていなかったのだろう。
とても残念だけど、仕方ない。
こんだけ頑張ってもダメだったんだから
受かった人はきっともっとすごい人たちなのだろう。

面接の前に町を見て歩いた時
私が思っていた以上に町に元気がない現状を目にし
そこに住む人の話を聞いた結果
私が当初考えていた計画の練り直しを
直前に行わなくてはいけなくなった。
その迷いが面接の時に出てしまい
思うように自分らしさが出せなかったのも原因だと思う。

さぞやがっかりしていると思うかもしれないが
実は正直、ホッとした。
雇う側の方向性がよく見えず
その中で自分がどのようなスタンスで働けばよいのかが
全くわからなかったのだ。
先方も初めてのプロジェクトなので
手探りの部分はあるだろうが
それを差し引いたとしても
プロジェクトの大事な資料が知らない間に更新されていたり
面接の時間帯が東京からその日にたどり着けなかったり
面接時間がたったの20分しかなく
椅子しかないので資料も広げられず
こちらからの質問のチャンスは一切なく
いろんなことにモヤモヤさせられてていた。
町の将来に関わる大事なプロジェクトに
それぞれの人生をかけて応募してきた人たちに対して
あまりにも雑でハートが感じられない対応に
「町の姿」を見た気がしたのだ。
採用になったとしてもこの組織で働くのは大変だし
疲弊した町を元気にするのは想像以上に過酷だと感じていた。

ホッとしたのは私だけでなく
母は高齢での引越しに気が重かったらしいし
妹は実家に気軽に遊びに行けなくなるのが寂しかったようだ。
北海道に移り住み、のちに生まれ故郷の東京に戻った亡父や
東京と北海道を行ったり来たりして安住の地を求めていた亡弟なら
きっと今の私を応援してくれるに違いない!と思ったが
こういう結果になったのは、私が行くべきところはそこではなく
他にあるんだと教えてくれたのではないだろうか。
北海道移住は応援してくれなかったけれど
車が大好きだった弟は免許取得を応援してくれたのだと思う。

昨日、免許証の交付待ちの時間に、隣にある多磨霊園に行った。
以前、父と弟の密葬の時にここの火葬場に来た。
個体が気体になった場所。
今日もだれかが気体になって空に帰ってゆく。
空に昇った気体は雲になり、雨となって落ち
雨水が命をもたらし
世の中は巡り巡っているのだなあ。

また次の巡り合わせのために頑張ろう。
できるだけ、丁寧に生きていこう。


**********

お願い

ブログに具体的な名称を書かない場合には意味があります。
コメントを書いてくださる時にも
なるべくその意図を汲んでいただきますよう配慮をお願いいたします。
当方が不適切と感じたコメントは削除しますので
どうぞご理解ください。

2016/06/24

運転免許、取得しました!

バスと電車を乗り継いで府中運転免許試験場へ。
教習所のWeb問題集をたくさんやっていたので
学科試験は大丈夫だろうと思っていたら
勉強してなかった燃費のこととか
自分に関係ないからとうろ覚えだった二輪車のこととか
自信のない項目がいくつか出て焦ったが
合格発表で自分の番号を見つけ、深く深呼吸。
ふう〜、よかった〜。
全体の7割ぐらいが合格だったみたい。

そこからすぐにあれよあれよという間に写真撮影。
もうちょっとさ、手前に姿見ぐらい
置いてくれてもいいのにね。
免許証が出来上がるのが1時間ちょっとかかるとのことで
地下の食堂でお昼を食べようと思ったけれど
カレーやラーメン、ガッツリ系の定食ばかりだったので
ちょっと歩いて外のお店でランチ。
これがめちゃめちゃアタリで美味しかった!
こんな時でも美味しいものは向こうからやってくる。

再び戻って免許証を手にしたのは13時半ぐらい。
昔みたいなペラペラのやつじゃなく
写真の技術も上がったので
顔色が水死体みたいにならずに済んで一安心。
帰りのバスでは免許証を眺めてニヤケてしまった。

合計5時間、おつかれ〜!
さーて、これから祝勝会に出かけるぞ!!

2016/06/23

卒業しました!

自動車教習所の卒業検定。
3人同乗し、私は3番目だったけど
前の2人がスムーズに運転していたので
それに乗って割と普段通りの運転ができた。
所内での課題は「左バック」で
3分前まで覚えていたはずの“ドアミラーの位置を戻す”のを
まんまと忘れてしまい(忘れる自信だけはあった)
やべー、落ちるかも…と思ったけれど
一緒に検定を受けた全員が合格!やった〜!!

学科でお世話になった先生に挨拶に行き
「おめでとう!」と握手してもらってとても嬉しかった。
コヤマドライビングスクール石神井校の皆さん、お世話になりました。
教習が始まる前の音楽やチャイムの音がオリジナルで
私は好きでした(多分誰もそこには触れないと思うけど)。

とてもいい学校です。
免許取る予定の方がいたら紹介しますよ!

そのあと教習中にインストラクターさんに教えてもらい
卒業したら行こう!と決めていた
憧れのクルマ“MINI”のショップへ。
見るだけだったけれど、ついでに見積もりもしてもらったら
3年ローンで、よ、よ、よんひゃくまんって(クラクラ〜)。
でも、MINIだけの特別なローンがあって
それもちょっと魅力的。営業がお上手だわ。

明日、免許センターで学科試験を受けて
合格したら晴れて運転免許取得!
がんばるぞ〜!

2016/06/22

山場

5月から通い始めた自動車教習所も今週ついに山場。
今日は卒業前のみきわめの前に受ける効果測定
(交通ルールを正しく理解しているかどうかの○×テスト)
で見事に合格!
いつも学科を教わっている先生から
「かなり勉強されていますね!」と褒められた。ふふ。
(やらないと覚えないからさ〜)

この先生、授業中の満面の笑顔が印象的なのだが
実は営業スマイルなのだと授業中に告白された(笑) 。
先生がいくらギャグを言っても
ゆとり世代の教習生たちは全く反応なしで
私だけがいつも笑って聞いていたのだけど
「いつもニコニコ聞いてくれて、授業がやりやすかったです」
と言っていただいた。
こちらこそ先生のスマイルをいつも心の支えにしていたので
この私がニコニコしてた?とちょっと意外だったけれど
きっと授業の楽しさが顔に現れていたのだろう。

午後は高速道路の教習で関越自動車道へ。
楽しみにしていたBMWの運転は
普段の教習車ではハンドルの右側についているウインカーが
外車のため左側についているというトリッキーな仕様のせいで
何度もワイパーを作動して翻弄された。
所内では30km出すだけでビビっていたのに
100kmなんて意外とすぐに出せるもんだね!
楽しい〜♪

2016/06/19

笑うしかない

2連発!
調べない私が悪いのだが。


実は先週北海道に行った時も
目当てのお店が定休日で
代わりに行ったドライブラインまでもお休みだったのだ。
やっぱり持ってるね、オレ。

しまった!

久々やらかした(笑) 。
豆大福買いに来たのに!

2016/06/17

教習、ぎっしり。

自動車教習所に通い始めて1ヶ月ちょっと。
オプションで卒業までのスケジュールを全部予約してくれる
らくちんコースにしたのだが
「出来るだけ早めに!」とリクエストしたものだから
スケジュールがぎっしりのパッツパツ。

仮免を取った時は
路上になんて出られるの?と不安だったけれど
意外にスムーズに運転でき、所内より路上の方が楽しい。
運転しながらおしゃべりなんて絶対無理!と思ってたのに
毎日違うインストラクターさんにいろんな話をして
リラックスできている自分がいる。
なんだかいいな。

大勢のインストラクターさんがいらっしゃるので
ほぼ毎回違うかたと乗車している。
昔みたいな鬼教官はおらず皆さん優しいけれど
私は若い人の方がわかりやすくて好き。
そして大雑把な人の方が好き(笑) 。

応急救護の実習も楽しかった。
私はなぜか道で行き倒れに出くわすことが多いので
心臓マッサージと人工呼吸とAEDの使い方を教わり
これでいつ行き倒れに出くわしても大丈夫。

高速道路の教習車はBMWなんだって〜。
それも楽しみだな。
卒検間近、頑張ろうっと。

rakuten