2015/08/24

風街レジェンド2015 その2

イモ欽トリオでワンクッションのあとは、山下久美子さんの「赤道小町ドキッ」、続いて早見優さんの「誘惑光線・クラッ!」。ドキッとクラッでかけたのだろうか。
早見優さん、めっちゃきれいだったよぉぉ〜〜! 石川ひとみさんもそうだったけど、同世代のアイドルたちがちゃんとアイドルをキープしてるのがすごいと感心してしまった。

続いて鈴木准さん(テノール)と河野紘子さん(ピアノ)が、シューベルトの歌曲「菩提樹」「辻音楽師」に松本さんが現代訳をつけた歌詞で独唱。いろんなことにチャレンジしていらっしゃるのですね。

再びスクリーンが降り、波の音のSEとともに映し出されたのは『A LONG VACATION』のジャケット。ここから松本隆と大瀧詠一のコンビによる楽曲コーナーへと突入。
まずはナイアガラ・トライアングルVol.1の伊藤銀次さんと、Vol.2の杉真理さんが「君は天然色」を。
そして“ねじれトライアングル” と称し、再び佐野元春さんが加わって「A面で恋をして」を。くどいようだけど、佐野さんカッコイイっす!!

続いては自称ラヴソングの王様、鈴木雅之さんが「Tシャツに口紅」、そしてなんと、森進一さんの「冬のリビエラ」を。ぐわー、めっちゃうまい!!歌手だから当たり前なんだけど、それにしてもうまい!うますぎる!!

そして稲垣潤一さんが「バチェラーガール」と「恋するカレン」を。
うーん、やっぱりうまい。うまい人しか出てない。

「松本隆の共作者は数多いが、大瀧詠一の共作者は松本隆ただ1人である」
という言葉が映し出され、グッときた。

南の島の風景から一変し、ここからシティポップスな街サイドへ。
南佳孝さんが「スローなブギにしてくれ」を、続いて鈴木茂さんが再登場し「ソバカスのある少女」を2人で演奏。
茂さんが出てきたってことは??と期待した通り、 大好きな「砂の女」をやってくれて超嬉しかった!この曲、本当にカッコイイんだよなあ。収録アルバム『BAND WAGON』も全曲松本さんの作詞で、カッコつけてもどこか二枚目半に描かれた主人公が実にチャーミングなのだ。

・・・と、ここで2/3ぐらいなのだけど
まだまだ濃いステージが続くため、また日を改めさせていただきます。
ふぅ〜、濃すぎる…。

2015/08/23

風街レジェンド2015 その1

8月21日(金)、松本隆 作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト「風街レジェンド2015」1日目を見に行った。
場所は大好きな東京国際フォーラムのホールA。一番早い先行で買ったのに席は前方の一番端っこで、モニターも近すぎて逆に見えない(笑) 。持参した双眼鏡がかなり役立った。

ステージの前方に降ろされたスクリーンに、はっぴいえんどの『風街ろまん』のジャケットが映し出され、幕が開くとそこにはベースの細野晴臣さん、ギターの鈴木茂さん、そしてドラムの松本隆さんという、本物のはっぴいえんど様たちが!
この季節にぴったりの「夏なんです」からスタートし、MCで細野さんが
「おじいちゃんのはっぴいえんどです。1人足りないんです。」
と自己紹介 。松本さんはこのためにドラムを練習したそうで、味のあるドラミングにグッとくる。 続いて茂さんの曲「花いちもんめ」。くあーーー、超〜〜カッコイイよ!年季が入ったオレンジのフェンダーが素敵すぎる!!
そして“1人足りない”枠は、誰に歌ってもらおうか相談して彼に決めた、と呼び込んだのは佐野元春さん!大瀧詠一さんの曲「はいからはくち」を演奏。佐野さんがまたカッコイイんだ!

はっぴいえんどの次は、松本さんの出世作とも言える「木綿のハンカチーフ」を太田裕美さんが歌った。子どもの頃、テレビでは1番しか聞いたことがなかったけど、大人になってからフルコーラスを聞き、この曲にはストーリーがあり、最後にタイトルの意味がわかるという仕掛けに感動した。
改めて聞くと本当に良い曲!聞きながら、超切ない展開に涙が出た。
ちなみにこの日ノベルティとしてロゴ入りの「木綿のハンカチーフ」が配られ、私はレモンイエローをいただいた。他にも何色かあった模様。

続いては、去年37年越しに初めてライヴを見て感動した原田真二さんが、デビュー曲の「てぃーんずぶるーす」と「タイムトラベル」を歌った。
私が松本隆という作詞家の名を知ったのは、原田さんの曲がきっかけだった。シングルはもちろん1stアルバムの歌詞も松本さんで、なんて素敵な歌詞なんだろうと思ったのを覚えている。

大橋純子さんは「シンプルラブ」と「ペーパームーン」を。すごい声量!そして美しい!!

石川ひとみさんは「三枚の写真」。この曲、知らなかったのだが「木綿のハンカチーフ」にも通じるストーリー性のある歌詞が素晴らしく、さらに石川ひとみさんの透き通るような歌声に魅了された。レッツゴーヤング、毎週見てたなあ…。

中川翔子さんは中原理恵さんのヒット曲「東京ららばい」を。今聞くとすごい歌詞だなあ…。ないものねだりの子守唄、か。

桑名正博さんの「セクシャルバイオレット No.1」は、息子さんの美勇士くんが歌った。いい意味で淫靡な遺伝子を受け継いでいてカッコイイ!そしてこの曲が歌える自分がコワイ(笑) 。
彼が生まれた頃「美勇士(みゅうじ)なんてぶっ飛んだ名前つけたもんだ」と思ったけれど、当て字のキラキラネームが台頭するこの時代、当て字でも何でもない、親の思いがこもった真っ当な名前だわ!と思ってしまった私だった。

さて、ここで雰囲気が変わって懐かしい「欽ドン」のテーマソングとともに会場の後ろから登場したのは“良い子・悪い子・普通の子”のイモ欽トリオ。当時の衣装そのままで、フツオとワルオは年取りましたね!(お前もな!) という感じだったけど、意外にヨシオは変わってない(笑) 。
「休憩タイム」と称して「ハイスクールララバイ」をオリジナルアレンジのカラオケで。YMOを意識した振り付けが懐かしいけれど、当時ヨシオがやってた“シンセのパネルにプラグを差す”という動作が単にキーボードを弾く動作だけに変わっていて、時代の流れを感じた私です(笑) 。

は〜、ここでまだ1/4ぐらいなんだけど、とりあえず先にアップしておきますね。

2015/08/17

白昼の逢引き

私が現在行っている会社は
偶然にも19年前に辞めた会社のすぐ近く。
1986〜96年までの10年間、人生で一番長く勤めた会社で
まさに青春時代そのものだった。

辞めてからあまり交流がなかったものの
お弁当を買いに行く道すがら
当時働いていた建物を見て懐かしい思いがよみがえり
一回り年上の男性の同僚だったNさんにメールしてみたら
「昔の恋人から連絡が来たみたいでワクワクした」と返信があり
職場の近くのファミレスでランチすることになった。

久しぶりに会うNさんは全然変わってない。
定年を過ぎたが継続して働いているのだそう。
どこから話せばいいのかわからないほど
話すことがありすぎて困ったけれど
私が知ってる人はほとんど残っていないらしく
のこのこと会社に上がりこまなくて良かった。

文化系の会社だったのでとにかく楽しかったなあ。
社員旅行で香港やグアム、沖縄や北海道や金沢など
いろんなところへ連れて行ってもらったし
社長も専務もキップのいい人だったので
忘年会などの会合はいつも豪華だったし
出し物があったり、ボウリング大会があったり
二次会のカラオケでもお金を払った記憶がない。
とにかくお金の心配をしたことがない。
それが普通なのだと思っていたけれど
のちにあれがバブル期の特別なことだったと知った。

「本当に楽しかったです!」
「…って過去完了だよね」

そうですね。
でも、豊かな時代にあの会社で働けて本当に良かった。
だって、辞める時に盛大な送別会を開いてくれて
50人ぐらいいた社員とバイトくんひとりひとりから
贈る言葉をもらった経験なんて
後にも先にもないのだから!

2015/08/15

歩いた!飲んだ!!汗かいた!!

坂戸のあとは東松山の吉見百穴という遺跡へ。
ここもアクセスが悪くてたどり着くのに一苦労。
歩いては水分を取り汗をかいてはまた飲んで
シャツや手ぬぐいが乾いてないところがないぐらい汗だく。
最後は川越の温泉まで歩いて汗かいて
お風呂で汗かいて駅まで歩いてまた汗かいて…
飲んでも飲んでも乾きがいえない感じ。
歩いた歩数は2万6000歩!今年一番かも。
そして今日飲んだ水分は
ブラ飯屋で飲んだガラナ 350ml
凍らせて持参した朝摘みオレンジ 500ml
自販機で買ったオランジーナ 350ml
水筒で持参したコーン茶 350ml
マックで飲んだアイスコーヒー 350ml
温泉の自販機で買った麦茶 500ml
温泉のレストランで飲んだ水 500ml
総計2.9リットル!!
よくおなかを下さなかったものだ。
えらいぞ、私のおなか!!
ちなみに今日飲んだ中で一番美味しかったのは
溶け残った朝摘みオレンジのボトルに入れた
ひえっひえのオランジーナ(in高坂に向かう一本道)かな。

この夏は18きっぷの旅が無理そうなので
週末は出かけられる限り小旅行してみよう。

坂戸リベンジ

3月に訪れた際にまさかの流出という事態に見舞われた、坂戸の冠水橋までついに来た!!

独り占めしようかと思ってたのに、橋の下で家族が飯盒炊爨してたり、中学生が水遊びしてたり、おじさんが釣りをしてたり、意外と人気スポットだった。
炎天下の中、凍らせて持参した朝摘みオレンジのうまいことうまいこと!

同じ日に定休日でくずおれたブラジル料理店でも無事ランチができ、大満足。


rakuten