2015/07/01

『ラブ&ピース』に泣かされる

園子温監督の『ラブ&ピース』を観に行った。
ずっと気になっていた監督だが一度も観たことがなく
やっと“血しぶき” のない映画だと聞き
大好きな長谷川博己さんと麻生久美子さん主演だし
映画ファーストデーを狙い雨の中観に行ったのだ。 

ダメダメなサラリーマンがある日小さなミドリガメを買い
過去に目指していたロックスターになる夢をカメに語る。
彼の唯一の大切な友達となったカメを
ある日会社に連れて行き見つかってバカにされたことで
気の弱い彼はカメをトイレに流してしまうのだが
カメがたどり着いたのは下水道の中の空間。
そこにはたくさんの捨てられたオモチャやペットと暮らす
謎の老人が住んでいた。
老人の作った不思議な飴をなめたカメは
魔法の力を発揮する。
それは大好きな飼い主の夢を叶える魔法だった。
カメの魔法で飼い主の夢がどんどん叶ってゆき
ロックスターへの道を進んで行くが
大きくなりすぎた夢の先に待っていたものは…。

宣伝で観た、長谷川さんがロックスターになって歌う
ハジけた演技が楽しめるコメディだと思って観に行ったのに
なんかもう途中から涙が止まらなくて
あれ〜?こんな映画だったっけ?という感じ(笑) 。
奇想天外なストーリーと意外な展開といい
エンタメに溢れるユニークな撮影といい
久しぶりに「1秒たりとも退屈だと思わない映画を観た!」
という充実感に包まれた。

ストーリーは長谷川さん演じるロックスターと
下水道の中の老人とおもちゃたちのエピソードの
2つの流れになっているのだが
このおもちゃたちにとにかく泣かされる。
不思議な老人役の西田敏行さんがまためっちゃイイ!
福島弁でなまってるところもいいんだよね〜。
4月に観た『ジヌよさらば』での謎の老人役も良かった。
こういう役こそ“役者の味”をしみじみ感じる。
アメリカだったら故ロビン・ウィリアムズといったところか。

監督が売れない若い頃に書いた脚本だそうで
邪念がない分純粋なストーリーに仕上がっているそう。
元々は忌野清志郎さんに演じてもらいたかったらしく
そう思って観るとまた別の感慨が胸に迫ってくる。
ラストのすんごくいいシーンで
キヨシローのすんごくいい歌が流れ
うわー、ここでこの歌、反則でしょ!
声を出して泣きたいぐらい涙が出てしまった。

映画そのものはもちろんのこと
こういう映画を作る人はきっと心がきれいなんだ
ということにも感動してしまう。
この気持ちはティム・バートンの映画にも通じる。

自由な発想で作られた大人のファンタジー。
見終わった後、すがすがしい気分になれること請け合いです。

2015/06/27

いちにち太宰三昧

日本近代文学館で「近代文学の名作・昭和」という展示が
今日から始まったので見に行った。
手書きの原稿が観れるというので楽しみにしていたけれど
原稿は全部複製、本も復刻版多し…。
ま、入場料100円だからこんなもんか。
(でも近代文学の館がコピーを展示ってちょっと寂しい)
個人的には原稿に書体やサイズの指定がしてあったり
赤字で書き込みしてあるのが興味深かった。
太宰さんの原稿用紙は筑摩書房のものだった。

お隣の加賀・前田さんの豪邸もついでに見学。
全部屋どころか廊下にまで大きな暖炉がしつらえてあって
度肝を抜かれる。
太宰先生の青森の実家もかなり豪華だったけど
この比じゃないね。

そのあとは三鷹に向かい、三鷹市美術ギャラリーへ。
津島家寄託による「太宰治資料展」が開催されており
なんと無料! そしてどれも本物!
近所に住む友人の画家宅に勝手に上がり込み
勝手に筆と絵の具を借りて勝手に書いた自画像や、
お菓子の箱で作ったという自筆の表札、
著名な作家の連絡先が続々書き込まれたアドレス帳、
税務署から送られてきた巨額な納税通知と
減税のお願いを書いた審査請求書など
貴重な品々ばかりでとても興味深かった。
そうかあ、娘さんたちまだ生きていらっしゃるのかあ。
良かった良かった…。

ん?待てよ、税金の請求書!?
そういえば私のところにも来てたわ!今月末の期限のが!!
太宰先生のおかげで思い出すことができました 。
どうもありがとうございました!

2015/06/22

やる気スイッチ模索中

妹から中3の甥っ子の悩みを電話で相談された。

小学生の時は上位の成績だったのに今では全然勉強せず
今や後ろから数えたほうが早いぐらいの順位。
あまりにもやる気がないことが気になった
彼の親友のお母さんまで
「大丈夫?」と心配する電話をかけてきたほど。
勉強そっちのけでゲームやアニメに夢中で
それにつぎ込むお金をたくさん前借りしている。
このままじゃいけないと自分でもわかってるんだけど
今は楽しいことを優先させたくて
ついつい今の状況に甘んじている、
と自ら告白したらしい。

うわー、耳が痛い!
まるで自分のことを言われているようで(笑) 。

そんな時あるのよ〜。
迷走しちゃってるんだよね 。
具体的な目標が見当たらないから頑張れない。
だから流されちゃうんだよね。
いざ目標が決まったらビシーッ!と集中できるんだけど
やる気スイッチが見つかるまでが時間かかるのよ。
うん、うん。

まさか3回り年下の甥っ子と
同じ悩みを共有することになるとは。
でもさ、夏目漱石の小説を読んだりすると
明治時代の悩みとあんまり変わってなくて
妙にホッとしたりもするんだよ。

「おねえちゃん、
 お互いにカウンセリングしたほうがいいかもね」
と妹から冗談混じりのアドバイスが(笑) 。

そうなのよ、これは血筋としか言いようがないの。
でも見てろ、スイッチ入ったらすげえぞ。

2015/06/19

もうひとつの桜桃忌

今日6月19日は太宰治の命日“桜桃忌”。
毎年ついうっかり忘れているのだが
今年は何度も三鷹に行く機会があり
その度に墓参りや住んでいた家、玉川上水などをめぐり
太宰治文学サロンにも足を運んだりしたので
心の片隅に桜桃忌を留めていた。

特に気になっていたのは
一緒に亡くなった山崎富栄さんのことだった 。
調べてみると都内にお墓があるというので
お墓参りに行った 。

地下鉄江戸川橋駅から程近い永泉寺という曹洞宗の寺院。
この奥の墓地に山崎家のお墓があるらしいのだが
そんなに多くない墓石の名前を一つ一つ探しても
なかなか見つからない。
そのうち雨が降ってきて、傘もささずに必死に探したが
どうしても見つからないので
お寺で聞いてみようか…と振り返ったその先に
「山崎家」の文字がどーんと飛び込んできた。
まるで目と目が合うかのようにその文字だけがくっきりと見えた。
どこの馬の骨かわからない奴が来たことを警戒していたけれど
どうやら冷やかしで来たのではないことを察し
ついに墓参を許してくれたように思えた 。

お墓には一週間ほど前に手向けられたであろうお花があり
枯れた花だけを掃除し、持参した小さなブーケを手向けた。
富栄さんの名前は一番手前にあるが、命日は刻まれていない。

手を合わせるときに、先ほど片付けた百合の黄色い花粉が
両手にくっついていることに気づいた。
払ってみたがどうしても取れず、黄色いままの手を合わせた。
「私のこと忘れないで」
と、消えない印を付けられたような気がした。

奇しくもこの日の朝、ピースの又吉さんの小説が
芥川賞の候補になったというニュースが飛び込んだ。
上京して住んだ三鷹のアパートが太宰の家の跡地で
そこで毎日太宰の小説を読みふけったという
そんな又吉さんに太宰が乗り移らないわけがない!
三島賞を逃したのも、芥川賞を取るためだったのではないか。
太宰が審査員の川端康成に泣きの手紙まで書いたのに
取り損なった恨みの芥川賞に
又吉さんの体を借りてリベンジしているのではないか。
そんな気がしてならない私は
富栄さんにも
「どうか芥川賞受賞に力を貸してください!」
とお願いをしてきた。

追記
お墓と目が会い、花粉が取れなかった話を
いつも行ってる整体の先生に話したら
「それってホラーですね!」と言われたよ(苦笑)。
ロマンある話のつもりだったんだけどなあ。
ちなみに我が家は全員ロマンスが大好きな
“ろまん燈籠一家”なので
母にはちゃんと通じましたとさ。

2015/06/16

派遣に登録してきた

午後、派遣会社へ登録に行ってきた 。
機械みたいに話す担当者にいろいろ説明され
スキルシートやらアンケートやら筆記試験やら
約1時間半、もうぐったり…。
すぐには仕事を紹介してもらえないだろうけど
せっかく仕事モードになってきたので
気分が持続している間に見つかるといいのだが…。

朝軽く食べただけだったので小腹が空き
帰りに池袋西武の屋上でかるかやのたぬきうどんを。
リニューアル直後はすごい混雑だったけど
やっと空きだしてゆったりできた。
他のフードカートは暇そうだったけど大丈夫なのだろうか 。
まあ、曇り空の平日夕方なんてこんなもんか。

rakuten