2011/03/21

消費活動

家と会社の往復ばかりじゃ煮詰まるので、池袋へ。

目的はいつものように納豆チェックなのだが、今回は「納豆屋さんの安否確認」も兼ねている。

池袋東武、ひとあじやの山形納豆は未入荷。エース北野には栃木のこいしやさん、東京府中の登喜和さん、そしてなんと今まで一度もお目にかかったことのない鹿児島のしかやさんが並んでいた。
ほかにも池袋西武のガーデンには和歌山の弁慶納豆、B2F奥の知々夫屋には埼玉秩父のかも食品さんと、これまたお初の納豆たちが並んでおり、調達したバイヤーさんの苦労が忍ばれる。

60階通りにある宮城県アンテナショップはすべての商品が未入荷で棚が半分ぐらいになっていたけど、現地から実演販売に来ており、元気な姿を見せてくれていた。

お昼は東武の上のあっぱれ亭で合わせ味噌ラーメン840円。スープの固形率がはんぱなく、とんこつベースに野菜などの様々なものが溶け込んでいる。おいしひ。

しばらく自粛ムードだったが、昨日あたりからテレビでも「被災しなかった地域は元気に出かけて消費活動をして経済を回そう」という声が多くなった。
食ブログのリニューアル作業中だった私は震災後全くそんな気になれなかったのだが、予定通り移行作業を続け、春には再びブログの更新を始めたいと思うようになった。
東北や北関東の郷土料理を紹介し、その土地の産物の消費を促し、風評などの誤解を解くお役に立てられるよう活動していこうと思う。

2 件のコメント:

taiji141 さんのコメント...

ある意味、すごい状況です。
鹿児島しか屋に、弁慶納豆は東京初登場かも知れませんね。

納豆は大丈夫!

ぷるみえ さんのコメント...

いやあ、びっくりです。
どういうルートで入荷されてきたのか…。
納豆ひとつでもこんなに工夫して入荷されているのだから、すべての商品がうまく動いているはずですよね。
いろんな場所でいろんな人が努力しているのだから、日本は大丈夫!

rakuten