2008/12/11

自宅静養

昨日は代休日。
午前中ウォーキングがてらお米屋さんがやっているお弁当屋さんを再訪問。ブログにコメントを下さった看板娘さんとつかの間の対面をし(忙しい時間帯に行っちゃってゴメンナサイ)おいしいお弁当に卵焼きとけんちん汁をオマケしていただき、デザートまで買って帰宅後に大満喫。
午後は美容室でカット&カラー。気温が高かったのでうとうとしながら小汗をかく。
夜はその足で日本橋のイタリアン・レストランへ。
青森県の観光局の方からのお誘いで、青森の食材を使ったクリスマス料理の試食会に招待していただいたのだけど、受付時間ちょい過ぎに到着し、案内されて席に着こうとしたとたん・・・

鼻血ピュー!!!

怖れていたことが巻き起こってしまった。土曜日から毎日2回、一度出ると15分は止まらない謎の鼻血…。まる1日平気だったのでやっと治まったかと思ったら、まさかこのタイミングで出るとは、鼻血の神様もずいぶん意地悪だなあ。
トイレに駆け込んで止血をするも、初めての場所、初めて会う人、その他もろもろの緊張でテンション最高超の時だったので、一向に止まる気配を見せない。焦れば焦るほど頭に血がのぼって勢いが良くなっていく。ああ〜、どうしよう〜〜。ホントにこのまま帰ろうかと思ったほど(笑)。

なんとか乾杯の時間までには止まってくれたのだけど、鼻にティッシュをつめたまま初対面の方とディナーなんて失礼極まりないので、手ぬぐいで抑えながらその場を乗りきった。
「これ、学校の新学期だったら私のニックネームは確実に“鼻血”だよね…」などとと思いつつ、気がつくと血もすっかり止まり、会話もお酒も弾んで楽しくおいしくお食事ができた。

帰宅後、顔を洗っていたら再びピューしてしまったので、今朝耳鼻科に行ってきた。
鼻の奥の血管が1本浮き出ていたらしく、それを焼いて処置してもらった。痛かった…(涙)。
「このまま2〜3日綿を詰めたままにしておいて下さい」
だって。しょぼーん。「方鼻に綿」というあまりにも情けない姿なので帰りにマスクをもらったけど、眼鏡が曇るんだこれが!(笑)止むに止まれずオギヤハギがCMやってる「眼鏡が曇らないマスク」を買ってしまった。散在だ。
ついでに前から気になってた耳鳴りも診てもらったけど、聴力には問題ないので治療するほどではないとのこと。結局耳鳴りの多くは原因不明なので、治療のしようがないというものあるし、これぐらいの年齢になると誰でもなるものらしいから、あまり気に病むことでもないみたい。そうなのかあ〜。

鼻血も耳鳴りも血圧とかなり関係があるそうで、また同じことが巻き起こるかもしれないので、体質改善しないといかんな〜。

とりあえず鼻血問題はこれで終結したけど、鼻が利かないので味が分からないという弊害に見回れており、実はこれが一番悲しかったりする。
昨日せっかく青森パーティでおいしいお土産もらったのに、味が分からないから記事が書けないよぉぉ〜〜。完治してから食べることにしよう。

というわけで今日は自宅静養。
食いしん坊の皆さん、胃腸とともに鼻もお大事に(笑)。

4 件のコメント:

ish さんのコメント...

鼻血こそでませんが、僕も高血圧です。両親とも高かったので「遺伝や!」ということですましていたのですが、放っておけないのはわかってたので、昨年から近所の病院に通っています。ある程度の年齢になると(僕のほうがだいぶ上だけど)、上がってくるのはしょうがないそうですね。かかりつけがあると安心だし。
いずれにせよ、念のために早めに調べてもらえましょうね。

ぷるみえ さんのコメント...

10代の頃は貧血症&低血圧だったので、まさか自分が!って感じですが、我が家も母方が心臓系疾患が多いのでついに遺伝を受け継いでしまったみたいです。
母を見ていて、急に下げられるものではないと分かっているので、コツコツと治していくしかないですね。

achiko さんのコメント...

治療してもらったとのことで、安心しました。
女子の日常生活を考えると色々と不便が多いかと思いますが(笑)、ゆっくり治してくださいね。

ぷるみえ さんのコメント...

今日はなんだかグッタリして、午後は爆睡してしまいました。思い出すだけでイタイです…。土曜日までオギヤハギのマスクで乗りきる所存です(笑)。

病院帰りのスーパーでは何を見ても食欲が湧きませんでしたが、ごはん食べる時だけはハナワタを取ればいいんだってことに気付き、がぜん調子づいてきました。良いんだか悪いんだか。

rakuten