2008/03/10

雨上がりの屋上

朝から住民票だの定期券だの銀行口座の支店変更だのと、新しい仕事に向けての準備に追われ、サンシャインでラーメンを食べたあとに一息つきたくて、西武屋上へ。
いつもは「かるかや」のうどんだけど、今日は隣りの売店でバニラソフト。暇そうに座っていた店員さんにオーダーすると、笑顔で立ち上がったのは予想外にハンサムで背が高い若いお兄さんだったので驚く。
一体どういう成り行きでここで働くことになったんだろう?労働とは不思議なものだ…。
などとぼんやり考えていると、お兄さんが隣りのうどん屋さんに並んでいるのを見つけた。あはは、やっぱり食べますか(笑)。
だって美味しいもんね。

最後の平日屋上を堪能。
風はまだ冷たいけれど
空はだんだん晴れてきた。

2 件のコメント:

だまかな さんのコメント...

それが野暮用であっても、目的があるっていいですね。朝、起きる理由があるって、もの凄く大切だと思います。新生活、楽しみですね。
百貨店の屋上って不思議な雰囲気がありますよね。地上の喧噪とは別世界のような、暢気な非現実感が好きでした。

ぷるみえ さんのコメント...

朝、起きる理由がある、出かけていく場所があるのってホント大事ですよね。日々何らかの目的がなければ生活が乱れる一方だとつくづく思い知らされました。

平日の昼間、ズル休みのような罪悪感を味わいつつ、閑散としたオープンエアのデッキで人間ウォッチングしながらボーッとするのが好きでした。長期休暇の唯一の贅沢です(笑)。

rakuten