2009/07/14

倹約生活決意表明

朝の情報番組で、最近「水筒男子」なるものが出現しているという。
この不況のご時勢、会社の飲料カップが有料になったり、日々のドリンク代を節約したり、さらにエコ意識の高まりなどから、水筒を持参する男性が増えたのだそう。
女性にはお弁当+水筒は定番だったが、これが男性層にも増えたことで水筒の売り上げがうなぎ上りだそうだ。ちょうど500mlのペットボトルが登場した時から水筒の売り上げが急激に減ったというから、奇しくもペットお茶の敵をとったことになる。

そこで紹介されていた数字。
1日500mlのペットボトルを2本買うと300円、それが週5日×4週間として6000円!
さらに、毎朝100円のおにぎりを買うと20日間で2000円!
おまけに食後にヨーグルトドリンクやら、ドトールのコーヒーやら平気で飲んでた。
そればかりか、1日800円のランチを20日間続けていれば、16,000ですよ!なんつー贅沢!!
こうして数字にすると、改めて自分の無駄遣いが身につまされる。

毎朝ちゃんと家で朝食をとり(またはおにぎり)、お弁当を作り、お茶は水筒、コーヒーはストレーナーで濾して作れば、1か月軽く25,000円は倹約できるってことだよね〜。
これは大きい!

私の場合、給湯室がない職場であったこと、社内でお弁当を食べる雰囲気ではなかったこと、お弁当を作る時間も無かったこと、外食の選択肢が多かったことなども挙げられるので、仕方ないっちゃ仕方なかったのだが、今後は倹約できる環境を有効活用して、浮いた分をもっと有益なことに使えるようにしたいなあ。

2 件のコメント:

yamatan さんのコメント...

こんにちは。
確かに外食の出費はバカにならないですよね。
でも時間の節約もまた大事だと思います。
ボク的には松屋での食事は時間も食費も結構節約できるので侮れないです。
トマトカレーなんてコストパフォーマンス良すぎです。
そして余った時間で勉強してます。

ぷるみえ さんのコメント...

目標のために食事の場所を使い分けるアイデアはナイスですよね。
松屋のトマトカレー、気になってる間に異動になってしまい、残念でした。

rakuten