2015/02/04

一ヶ月ぶりにお出かけ

友人と待ち合わせて新宿で映画鑑賞。
ティム・バートン監督の「ビッグ・アイズ」、
'60年代にあった実話をもとにしているそうだが
ティム・バートン独特のグロさもキモさも全くなく
実に真っ当な映画だった。面白かった!
舞台が'60年代なので、衣装や小物が可愛くて
さらにバーで演奏してるのがカル・ジェイダーだったり
この時代が好きな人は思わずニヤリとしてしまう。
派手さはないけど、こういう隠し味があるところが好き。

劇場内の凝ったディスプレイ。あれ?水槽になってる??と近づいてみたら…

まさかのウーパールーパー!!なんなんだこの劇場!?

ランチを食べて、いろんなおしゃべりして、
一ヶ月引きこもっていた気持ちがやっと外向きになった。
立春だもの、そろそろ冬眠から覚める準備をしないとね。

帰宅したら手紙が2通届いていた。
どちらもこないだ応募した仕事の不採用通知だった。
ダメもとで出したとはいえちょっと残念だけど
まだ自分の準備ができていないと感じていたので
若干ホッとした。
なーんだ、こないだ鞄を盗まれる夢を見て
“金運や仕事運がよくなり良い知らせが舞込む吉夢”
と知って期待してたのに!
そうだ、きっと今じゃなかったんだな、
と前向きに考えておこう(笑)。

2 件のコメント:

taiji141 さんのコメント...

新宿の水槽付きといえば、あそこですね。。水槽使ってあれやこれやしてくれるんですが、今回はここまで仕上げてくるとは。。さすが、メジャーな映画だけありますね。

lcnt lcnt さんのコメント...

taiji141さん
有名なんですね!新宿で映画観ないので初めて知りました。でもみんな見向きもしないで帰っちゃっててもったいない!もうウーパールーパーは珍しくないのかなあ?

rakuten