2008/01/13

最近観たもの 雑感

●チャーリーとチョコレート工場
地上波の吹き替え版で見ました。ティム・バートン監督は「ビートルジュース」を観た時からのファンで、「シザーハンズ」や「マーズアタック!」など時にはファンタジックで時には馬鹿馬鹿しい、とっても映画っぽくて気の利いた作風が好きなのですが、「チャーリーと〜」はそんな彼のセンスが凝縮された作品でした。
ドリーミィなものの裏に潜むグロさや胡散臭さ、表面的なファンタジーを信じきって金儲けの道具に踊らされる怖さみたいなものがイヤというほど表現されていて、こないだ某遊園地でパレードの山車が壊れて転倒した事故を思い出しました。はりぼての山車の横でパレードするファンタジックな衣装のダンサーたちの姿は、映画の中に出てくる小人のウンバルンバと重なって見えました。
ネズミのキャラを“さん付け”して呼んでる親子にこそこの映画を見てほしいけど、この真実のファンタジーは伝わらないだろうなあ。
ティム・バートンのこういうアンチな精神が私は好き。でもホントはとてもピュアな人だと思うな。
ジョニー・デップのおかっぱヘアにメロメロでした(おかっぱ男子好き)。彼はホントすごい役者さんだ。

●篤姫
「新選組!」以来NHK大河ドラマを見始めました。時代劇は台詞に力が入り過ぎてて聞いてるこっちが体力を消耗してしまうので苦手なのですが(あと、歴史が苦手で人間関係がよく分からない:笑)幕末あたりの時代だと台詞も自然なので理解しやすいというのもあります。
まず、宮崎あおいちゃんがカワイイ!最近カワイイ女優さんが大好きだったり、カワイイってだけで泣けてしまう私は確実にオバサン化してます(笑)。オープニングのCGがとてもキレイで、篤姫の絢爛豪華な着物の模様にクリムトの絵画がコラージュされているのが印象的でした。
大好きな堺雅人さんの「新選組!」の山南さん以来4年ぶりのちょんまげ姿に萌え…(ちょんまげ男子好き)。ちょっと頭の弱いお殿様の役らしくて、今後のお芝居が楽しみです。
高橋英樹さん、平幹二郎さんといった大御所、いかにも…な感じではありますが、いいもんワルもんがはっきり分かる安心感があります。一方、瑛太くんのようなポップなキャスティングも新鮮で、飽きずに見られそう。

私、世界史も日本史も苦手なのは、歴史が権力抗争の系図に他ならないからなのですが、唯一好きなのが幕末と聖徳太子と大化の改新。革命がスキなんです。大化の改新は以前NHKでドラマ化したことがあったけど、将軍時代の話ばかりじゃなくて古代の大河ドラマもやってほしいなあ〜。

2 件のコメント:

hirocomm さんのコメント...

関心空間のほうからこちらに来ました。hirocommです。こちらでははじめましてですね。
篤姫私も見ています。宮崎あおい、目がきょろっとしていてかわいいですね。
これからが期待できます。

古代の大河ドラマも賛成です!

ぷるみえ さんのコメント...

hirocommさん、ようこそ!うれしいです♪

宮崎あおいちゃんのツルツルオデコに癒されてます。篤姫のまっすぐな性格、自分に似ているところがあるので共感できます。瑛太くんがどう成長していくかも楽しみ。
今後の展開に期待できます。

NHKの古代ドラマはお金と手間がかなりかかってるので、大河でやったら絶対面白いと思うんですよね。
ジャニーズ出しときゃいいというドラマはあまり好きじゃないけど、聖徳太子役のモックン、中臣鎌足役の岡田君はホント美しくて素敵でした。

rakuten